Home >Documents >IBM Cognos Metric Studio バージョン...

IBM Cognos Metric Studio バージョン...

Date post:28-Jan-2021
Category:
View:0 times
Download:0 times
Share this document with a friend
Transcript:
  • IBM Cognos Metric Studioバージョン 10.2.2

    ユーザー・ガイド

    ���

  • お願い本書および本書で紹介する製品をご使用になる前に、 245ページの『特記事項』に記載されている情報をお読みください。

    このドキュメントは IBM Cognos Business Intelligence バージョン 10.2.2 を対象として作成されています。また、その後のリリースも対象となる場合があります。

    お客様の環境によっては、資料中の円記号がバックスラッシュと表示されたり、バックスラッシュが円記号と表示されたりする場合があります。

     

    原典: IBM Cognos Metric StudioVersion 10.2.2

    User Guide

    発行: 日本アイ・ビー・エム株式会社

    担当: トランスレーション・サービス・センター

    Licensed Materials - Property of IBM

    © Copyright IBM Corporation 2002, 2014.

  • 目次

    はじめに . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ix

    第 1 章 新しい機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1バージョン 10.2.2 の新機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1バージョン 10.2.1 での新機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1バージョン 10.1.1 の新機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1「全般」タブの下のグラフ・タイプの選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1一貫した評価指標ビュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1最新の値の期間の決定方法の指定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2

    バージョン 10.1.0 の新機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2レポート・モデルの強化 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2メトリック値およびメトリック・オブジェクトの更新のログ記録 . . . . . . . . . . . . . . . . . 2IBM Cognos Business Insight のユーザー補助機能付きの出力レポート . . . . . . . . . . . . . . . 3

    第 2 章 Metric Studio を使用した業績管理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5スコアカード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5評価指標タイプ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6評価指標 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6戦略 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7スコアカード処理モデル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8フランチャイズ・モデル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8部門モデル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10バランス・モデル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11

    IBM Cognos Business Intelligence アプリケーションの構築. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11Sample Outdoors 社 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13

    Sample Outdoors 社グループ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14従業員 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15販売とマーケティング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16Sample Outdoors のデータベース、モデル、パッケージ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16

    第 3 章 スコアカード処理環境の計画 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21データ・ソースの選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22

    Metric Studio へのデータ・ロード方法の選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22設定とカスタマイズのワークフロー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23

    第 4 章 Metric Studio アプリケーションの作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 25Metric Store の作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 25評価指標パッケージ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 25業務カレンダー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26標準カレンダー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26製造カレンダー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 27カスタム・カレンダー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 27

    評価指標パッケージの作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 29業務カレンダー設定の表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 30スコアの計算 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 30許容範囲に基づくスコアの計算の変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 34

    第 5 章 データのインポートとエクスポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 35インポート設定の指定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 35インポート・ソースの定義 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36

    © Copyright IBM Corp. 2002, 2014 iii

  • Metric Designer または他の ETL ツールの使用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 38タブ区切りファイルを使用する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39

    SQL サーバーにデータをロードする際のセキュリティーの強化 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40ロードおよびデータ計算のオプションの指定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40アプリケーションの再作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 41ステージング・テーブルにデータをロードする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 41拒否されたデータを処理する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 42

    以前に拒否されたデータのインポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 43ステージング・テーブルから Metric Store へのデータのロード . . . . . . . . . . . . . . . . . . 44Metric Store からのデータのエクスポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 44インポートとエクスポートのスケジュール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 45タブ区切りファイルをアップグレードする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 45

    Microsoft Windows オペレーティング・システム . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 46UNIX オペレーティング・システム . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 47

    第 6 章 データの取り込みの準備 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49タブ区切りファイル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49オブジェクトのロード順序 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 50タブ区切りファイルを使用してスコアカード処理環境を更新する . . . . . . . . . . . . . . . . 52インポート・ソースの追加、カスタム・カレンダーの作成、およびセキュリティー権限の設定 . . . . . . . 53スコアカードの作成とスコアカードへの評価指標の追加 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55評価指標タイプと評価指標を作成する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 56戦略および戦略要素の作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 60図の作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 61レポートの追加 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 62

    第 7 章 Metric Studio でのスコアカード構造の作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . 65スコアカードの作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 65評価指標タイプを作成する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 66全般設定の指定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 67評価指標の値の計算 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 69業績の動作の指定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 70評価指標タイプのセキュリティーの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 71

    評価指標の作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 71派生インデックスの評価指標の作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 75限定属性の作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 76スコアカードへの評価指標のショートカットの追加 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 76評価指標とスコアカードの表示および編集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 77Metric Studio でのレポートの追加 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 77既存の IBM Cognos BI レポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 78IBM Cognos BI ではない新規のレポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 79IBM Cognos BI ではない既存のレポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 79

    IBM Cognos BI レポートのプロパティーの変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 80レポートのパラメーター . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 81カスタム・パラメーター . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 83IBM Cognos BI レポートにプロンプト値を挿入する方法の指定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 84IBM Cognos BI レポートの変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 85戦略別に評価指標を整理する方法 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 86戦略の作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 86戦略要素の作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 87戦略要素への評価指標の追加 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 89戦略要素へのコメントの追加 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 89戦略要素へのプロジェクトの追加 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 90

    図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 90影響図の変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 92ユーザー指定の図の作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 93

    iv IBM Cognos Metric Studio バージョン 10.2.2: ユーザー・ガイド

  • スコアカード、評価指標タイプ、または評価指標へのユーザー指定の図の追加 . . . . . . . . . . . . . 95図への評価指標の追加と図からの評価指標の削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 95背景画像ファイルの作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 96

    第 8 章 セキュリティーと権限 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 97所有者権限の再定義 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 98スコアカード、評価指標タイプ、評価指標、戦略、または戦略要素の明示的な権限の設定 . . . . . . . . . 98Metric Store 管理者の指定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 99

    第 9 章 ユーザーへの表示のカスタマイズ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 101ステータス・インディケーター . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 101ステータス・インディケーターの状態区分数の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 103ステータス・インディケーターのスタイルの指定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 103ステータス・インディケーターの新しいセットの追加 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 103戦略要素のステータスの背景色の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 104

    ログ記録の設定の定義 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 104傾向の計算の変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 105最新の値の期間の決定方法の指定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 106カスタム単位の指定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 106ユーザーが利用できるカスタム列の指定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 107使用可能な列の追加 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 107ユーザー定義の列の変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 108ユーザー定義の列の作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 108デフォルトで表示される列の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 108行の並べ替え順序の指定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 109

    リンク先の変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 109評価指標名の形式の変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 110Metric Store の期間の変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 110非カスタム・カレンダー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 110カスタム・カレンダー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 111

    履歴グラフのデフォルト表示設定の指定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 111カレンダー・ラベルの指定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 111期間を作成するトークン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 113構文 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 115

    ユーザー・インターフェースの文字列の変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 117言語の翻訳 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 117単一のテキスト・フィールドの翻訳 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 118複数のテキスト・フィールドを翻訳する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 118

    第 10 章 分析レポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 119Framework Manager モデル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 119

    Scorecard スター・スキーマ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 121Projects スター・スキーマ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 123Metrics スター・スキーマ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 124Project Comments スター・スキーマ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 125Metric Comments スター・スキーマ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 126操作スター・スキーマ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 127Action Comments スター・スキーマ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 128Impacting Metrics スター・スキーマ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 129Strategies スター・スキーマ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 130

    分析レポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 131デフォルト分析レポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 131カスタム分析レポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 133

    モデルに関する作業 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 133プレゼンテーション・ビュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 133モデル・ビュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 135

    目次 v

  • ソース・ビュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 135評価指標関数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 135Compatibility フォルダー. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 136Linked Reports クエリー・サブジェクト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 136レポート作成のガイドライン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 137

    第 11 章 業績の監視 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 139Metric Studio のホーム・ページの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 140図または履歴グラフの識別子の確認 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 140監視リスト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 141監視リストへの評価指標の追加 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 141評価指標の E メール通知の追加 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 141監視リストからの評価指標の削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 141監視リストの E メール通知条件の指定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 142

    監視する期間の選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 142評価指標の分析 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 144スコアカードの評価指標 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 144履歴グラフ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 145評価指標の影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 146図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 147レポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 149

    評価指標情報の印刷 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 149評価指標の業績の向上 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 149コメントの追加 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 150対処の作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 150対処の更新 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 150

    プロジェクトの追跡 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 151プロジェクトの作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 151プロジェクトのステータスの更新 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 152プロジェクトへのタスクの追加 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 153タスクのステータスの更新 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 154スコアカードのプロジェクトの並べ替え . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 155プロジェクトのタスクの並べ替え . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 155

    評価指標値の更新 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 156評価指標値の更新 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 156スコアカードの複数の評価指標値の更新 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 156

    付録 A. トラブルシューティング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 159BCP フラット・ファイルのインポート・エラー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 159Metric Store の派生値を再計算できない . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 159表示される評価指標の最新の値が不正確 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 160ステージング領域から Metric Store へのデータ転送が失敗する . . . . . . . . . . . . . . . . . . 160ファイルからステージング領域へのデータのインポートがエラーで失敗する . . . . . . . . . . . . . 161IBM WebSphere で IBM Cognos Metric Studio が実行中のとき、評価指標パッケージからデータのエクスポートに失敗した . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 161Metrics Management サービスがデータ・ソースを Metric Store に作成中にエラーが発生する . . . . . . . . 162Metrics Store の初期化に失敗する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 163指定したデータ・ソースに接続できない . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 163データ・ソース接続が存在しない . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 163IBM DB2 を使用して評価指標パッケージを作成できない . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 164MS SQL Server 2005 で Metric Store の初期化ができない . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 164Metric Studio のログ・ファイル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 165メトリック値およびメトリック・オブジェクトの更新のログ記録 . . . . . . . . . . . . . . . . . 166オブジェクトの更新のログ記録を使用可能にする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 166値の更新のログ記録を使用可能にする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 167オブジェクト更新レポートの実行 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 167

    vi IBM Cognos Metric Studio バージョン 10.2.2: ユーザー・ガイド

  • 値更新レポートの実行 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 167Metric Studio のサポート・バンドル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 168Oracle の内部エラーにより Metric Studio レポートが失敗する . . . . . . . . . . . . . . . . . . 169Oracle データベースにデータをロードすると Metric Studio でエラーが発生する . . . . . . . . . . . . 169SQL Server 2005 で Metric Studio を実行しようとするとエラーが発生する . . . . . . . . . . . . . 170リレーショナル・データベース・ソースまたはフラット・ファイル・データ・ソースのデータが表示されない . . 170評価指標の保守タスクの実行に失敗する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 170この評価指標パッケージのアクセス権がありません。システム管理者に連絡してください . . . . . . . . . 171DB2 8.2.3 の使用時に Metric Store インストール・ステータスを確認できなかったというエラーが発生する . . . 171タブ区切りファイルを DB2 Metric Store にインポートする際にエラーが発生する . . . . . . . . . . . 171Metric Store データベース (Microsoft SQL Server) に必要なユーザー権限 . . . . . . . . . . . . . . 172IBM Cognos BI Tomcat サーバーの始動前に NLS_LANG 環境変数が正しく設定されていない場合の Oracle 9.2パッケージ初期化エラー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 172IBM Cognos Workspace のユーザーが評価指標を展開できない . . . . . . . . . . . . . . . . . . 172

    付録 B. タブ区切りファイル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 173オブジェクトの取り込みファイル (.cmo) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 173評価指標タイプの取り込みファイル (.cmm) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 181オブジェクト・リンクの取り込みファイル (.cml) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 190値の取り込みファイル (.cmv) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 193図の取り込みファイル (.cdo) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 198オブジェクト・メモの取り込みファイル (.cmn) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 204カスタム・パラメーターの取り込みファイル (.cmp) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 206期間の取り込みファイル (.cal) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 207ポリシーの取り込みファイル (.cms) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 209インポート・ソースの通貨の取り込みファイル (.ccm) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 213インポート・ソースのレポート用ポートレットの取り込みファイル (.crm) . . . . . . . . . . . . . . 214インポート・ソースの期間レベルの取り込みファイル (.ctl) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 214インポート・ソースの期間の取り込みファイル (.ctp) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 215プロジェクトの取り込みファイル (.pro). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 216ローカライズされた期間のテキストの取り込みファイル (.tlt) . . . . . . . . . . . . . . . . . . 219期間レベルの取り込みファイル (.lvl) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 220単位の取り込みファイル (.unt). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 222キューブ・クエリーの取り込みファイル (.ccq) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 223監視リストの取り込みファイル (.cwl) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 225等式のファイル (.equ) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 226等式アイテムのファイル (.eqi) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 227

    付録 C. ステージング・テーブル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 229Object_stage テーブル. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 229Metric_type_stage テーブル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 231Object_link_stage テーブル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 233Kpi_value_stage テーブル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 234Stage_diagram テーブル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 235Stage_object_note テーブル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 236Stage_custom_params テーブル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 237Time_periods_stage テーブル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 237Stage_policy テーブル. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 238Import_source_cu_stage テーブル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 238Import_source_rp_stage テーブル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 239Import_source_tl_stage テーブル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 239Import_source_tp_stage テーブル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 240Stage_project テーブル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 240Time_language_text_stage テーブル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 241Time_levels_stage テーブル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 241Stage_unit テーブル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 242

    目次 vii

  • Cube_query_stage テーブル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 242Stage_watchlist テーブル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 243

    特記事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 245

    用語集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 249A . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 249B . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 249C . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 250D . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 251E . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 252F . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 252G . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 252H . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 252I. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 252J. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 253L . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 253M . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 253N . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 254O . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 254P . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 254Q . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 255R . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 255S . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 256T . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 256U . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 256W . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 257

    viii IBM Cognos Metric Studio バージョン 10.2.2: ユーザー・ガイド

  • はじめに

    このドキュメントは IBM® Cognos® Metric Studio の使用にあたって参照してください。Metric Studio は、評価指標やプロジェクトなどの業績に関する数値データを組織のあらゆるレベルで監視することによって、組織の業績を管理するための Web製品です。

    対象読者

    このガイドを使用するには、次の知識が必要です。

    v スコアカード処理の概念v データベースおよびデータ・ウェアハウスの概念v セキュリティーの問題

    このドキュメントでは、アプリケーション作成者を対象に、背景となる情報を説明し、スコアカード処理環境を作成する手順を 1 つずつ解説します。これには、スコアカード、評価指標タイプ、および評価指標の作成方法や、データを Metric Studioにロードする方法、スコアカード処理環境を強化する方法についての解説が含まれています。

    また、ビジネス・エキスパートを対象とした、Metric Studio を使用して業績を管理するための背景となる情報や操作手順も記載されています。

    情報の入手方法

    翻訳されたすべての資料を含む、製品資料を Web で検索するには、IBMKnowledge Center (http://www.ibm.com/support/knowledgecenter) にアクセスしてください。

    将来の見通しに関する記述

    このドキュメントには製品の現在の機能が記載されています。現在利用できない項目への言及が含まれる場合もありますが、将来的に使用可能になることを示唆するものではありません。このような言及は、なんらかの資料、プログラム、または機能を提供するという誓約、保証、または法的義務ではありません。機能の開発、リリース、時期や機能性は IBM の独自の決定によるものとします。

    サンプルに関する特記事項

    Sample Outdoors Company、Great Outdoors Company、GO 販売、Sample Outdoorsまたは Great Outdoors の名前のすべてのバリエーション、および Planning サンプルでは、IBM および IBM のお客様向けのサンプル・アプリケーションを開発するために使用されるサンプル・データにより、架空のビジネス・オペレーションが描出されています。これらの架空データには、販売取引、商品流通、財務、および人事のサンプル・データが含まれます。実在する名称、住所、連絡先電話番号、取引額とは一切関係がありません。また、他のサンプル・ファイルの中には、手動またはコンピューターで生成された架空のデータ、学術的ソースまたは公共のソースを

    © Copyright IBM Corp. 2002, 2014 ix

    http://www.ibm.com/support/knowledgecenterhttp://www.ibm.com/support/knowledgecenter

  • 基に編集された実際のデータ、版権所有者の許可を得て使われているデータなどが、サンプル・アプリケーションを開発するためのサンプル・データとして使用する目的で含められている場合があります。参照される製品名は、それぞれの所有者の商標である可能性があります。許可なく複製することは禁止されています。

    ユーザー補助機能

    現在この製品では、ユーザー補助機能はサポートされていません。ユーザー補助機能とは、動作が制限されている方、視力の限られた方など、身体の不自由な方に製品をご使用いただけるように支援する機能のことです。

    x IBM Cognos Metric Studio バージョン 10.2.2: ユーザー・ガイド

  • 第 1 章 新しい機能

    このセクションでは、このリリースの新機能、変更された機能、および削除された機能を取り上げます。 この情報は、アップグレードやアプリケーション配布戦略、ユーザー向けの研修要件の計画を作成する上で役立ちます。

    アップグレードの詳細については、ご使用の製品の「IBM Cognos BusinessIntelligence インストールおよび設定ガイド」を参照してください。

    このリリースのその他の新機能については、「IBM Cognos Business Intelligence 新機能」を参照してください。

    過去のリリースの新機能情報は、IBM Knowledge Center (http://www.ibm.com/support/knowledgecenter) 内の文書へアクセスして利用できます。

    オペレーティング・システム、パッチ、ブラウザー、Web サーバー、ディレクトリー・サーバー、データベース・サーバー、アプリケーション・サーバーなど、IBMCognos 製品でサポートされている環境の最新のリストについては、IBM CognosCustomer Center (http://www.ibm.com/software/data/cognos/customercenter/) を参照してください。

    バージョン 10.2.2 の新機能IBM Cognos Analysis Studio の今回のリリースには新機能はありません。

    バージョン 10.2.1 での新機能IBM Cognos Metric Studio の今回のリリースには新機能はありません。

    バージョン 10.1.1 の新機能前回のリリース以降の新機能を次に示します。

    「全般」タブの下のグラフ・タイプの選択「新規作成」/「編集」のタイプのページの「全般」タブの下でグラフ・タイプを選択できるようになりました。

    関連タスク:

    67ページの『全般設定の指定』評価指標タイプを作成して、関連する一連の評価指標の属性および計算を定義するための全般設定を指定します。

    一貫した評価指標ビュー評価指標リスト・ビューおよび評価指標 UI 概要行ビューに対して、デフォルトで表示される一貫した列を作成できるようになりました。

    関連タスク:

    © Copyright IBM Corp. 2002, 2014 1

    http://www.ibm.com/support/knowledgecenterhttp://www.ibm.com/software/data/cognos/customercenter/http://www.ibm.com/software/data/cognos/customercenter/

  • 108ページの『デフォルトで表示される列の設定』一貫した列を提供するために、デフォルトで表示される列のリストを設定することができます。これには、追跡する評価指標のためのユーザー定義の列や標準の列が含まれます。デフォルトで表示される列のリストにより、一貫した評価指標リストおよび評価指標 UI のヘッダーの出力が提供されます。

    最新の値の期間の決定方法の指定「最新の値」ビューの期間の決定方法を指定できるようになりました。

    関連タスク:

    106ページの『最新の値の期間の決定方法の指定』「最新の値」ビューの期間の決定方法を指定するためのオプションがあります。

    バージョン 10.1.0 の新機能前回のリリース以降の新機能を次に示します。

    レポート・モデルの強化IBM Cognos Metric Studio に付属のレポート・モデルは、図を組み込むことで強化されました。これによりレポート作成者は、双方向のデータ駆動型の図をレポートに追加できるようになります。

    レポート・モデルから発行されるパッケージでは、次のテーブルまたはフォルダーに図が含まれるようになりました。

    v "Metrics"テーブル: 対象の評価指標に対して最新期間のデータを使用する図を含むv "Metrics History"テーブル: 期間に特有のデータを使用する図を含む

    注:評価指標タイプの影響図には、評価指標タイプ間の関係のみが含まれ、時間ベースの情報は含まれていません。

    評価指標パッケージの"Metrics History"テーブルから図を追加する場合は、時間履歴ごとに各評価指標に 1 つの図が追加されます。その結果、レポートに多数の図が含まれる可能性があります。レポートのパフォーマンスを向上させるには、フィルターを追加して期間を制限することを検討します。

    v "diagrams"フォルダー: ユーザー指定の図を含む

    これらの図のいくつかをレポートに追加して使用する方法については、Metric Studioに付属の"評価指標の業績"レポートおよび"スコアカードの業績"レポートを参照してください。

    モデルの詳細については、 133ページの『モデルに関する作業』を参照してください。

    Report Authoring レポートに図を追加する方法については、「IBM Cognos ReportAuthoring ユーザー・ガイド」を参照してください。

    メトリック値およびメトリック・オブジェクトの更新のログ記録更新のログ記録を使用すると、管理者はメトリック値およびメトリック・オブジェクトの両方に対する変更を追跡できます。

    2 IBM Cognos Metric Studio バージョン 10.2.2: ユーザー・ガイド

  • 更新のログ記録を使用可能にしている場合、メトリックおよびメトリック・オブジェクトの変更は Metric Store の表に記録されます。評価指標レポート作成モデルは、Metric Store の更新テーブルへのアクセスを提供し、いくつかのデフォルトの更新レポートはこれらの変更のレポート作成に使用できます。管理者は更新テーブルからカスタム・レポートを作成することもできます。

    関連概念:

    166ページの『メトリック値およびメトリック・オブジェクトの更新のログ記録』更新のログ記録を使用すると、管理者はメトリック値およびメトリック・オブジェクトの両方に対して行われた変更を追跡できます。

    IBM Cognos Business Insight のユーザー補助機能付きの出力レポート

    バージョン 10.1.0 では、ユーザー補助機能付きの出力レポートを作成できます。ユーザー補助機能付きのレポートには代替テキストなどの機能が含まれています。これにより、身体の不自由なユーザーはスクリーン・リーダーなどの支援テクノロジーを使用して、レポート・コンテンツにアクセスできます。

    ユーザー補助機能のサポートを有効にすると、ユーザー補助機能をサポートするIBM Cognos Business Insight で Metric Studio のレポートを使用できるようになります。

    ユーザー補助機能付きレポートの作成の詳細については、「IBM Cognos管理およびセキュリティー・ガイド」を参照してください。

    第 1 章 新しい機能 3

  • 4 IBM Cognos Metric Studio バージョン 10.2.2: ユーザー・ガイド

  • 第 2 章 Metric Studio を使用した業績管理

    IBM Cognos Metric Studio を使用すると、組織全体の評価指標やプロジェクトの監視および分析を目的とした、カスタマイズしたスコアカード処理環境を作成できます。

    また、組織の戦略を関連のある測定可能な目標に置き換え、各従業員の行動を戦略プランに沿って調整できます。

    リソースの豊富なスコアカード処理環境では、組織の業績が好ましい分野と、改善が必要な分野を素早く示すことができます。Metric Studio では、業績を目標と比較しながら追跡し、ビジネスの現在のステータスを示すため、組織の各レベルの意思決定者はそのステータスを考慮した計画を立てることができます。

    Metric Studio には、すでに使用している標準または独自のスコアカード処理および管理方法に基づいて、各評価指標とその関係のモデルを作成できる柔軟性が備わっています。

    スコアカードスコアカードとは、企業の部門単位の戦略的な目標が反映されるように設計された、一連の業績評価指標およびプロジェクトのことです。

    計画と実際の結果を比較することによって、目的がどの程度達成されているかをスコアカードの情報から把握できます。スコアカードには、ビジネス内の各組織を示す、他のスコアカードを含めることができます。信号の形をした、ステータスを示すマークを使用することにより、スコアカード・ユーザーは業績を素早く評価できます。

    さまざまなユーザーに対応できるように、異なるレベルの詳細を盛り込んだスコアカードを作成できます。評価指標アプリケーションを最も効率良く管理するために、組織の部門ごとに独立したスコアカードを作成してください。その後、スコアカード別にセキュリティーを設定し、特定のユーザー、グループ、または役割のみに評価指標へのアクセス権を与えることができます。

    データ・ソースのいずれかがスコアカード構造の少なくとも一部を表している場合は、IBM Cognos Metric Designer またはタブ区切りファイルを使用してデータ・ソースの情報をエクスポートし、IBM Cognos Metric Studio にスコアカード構造を作成できます。それ以外の場合は、タブ区切りファイルに構造を作成して MetricStudio にインポートするか、Metric Studio で直接手作業で構造を作成できます。

    評価指標を作成するには、まず、少なくとも 1 つのスコアカードを作成する必要があります。どの評価指標も、スコアカードの一種であるホーム・スコアカードには必ず表示されます。セキュリティーはスコアカード・レベルで適用されるため、ホーム・スコアカードによって、すべての評価指標が保護されます。

    © Copyright IBM Corp. 2002, 2014 5

  • プロジェクト

    プロジェクトとは、評価指標を使用してスコアカードで追跡する長期の作業です。例えば、欧州の販売事務所を拡大するプロジェクトを作成し、5 名の営業担当者の新規雇用や事務所スペースの拡大などの評価指標を使用して、プロジェクトを追跡できます。

    プロジェクトを作成すると、ユーザーはプロジェクトのステータスを監視および更新できるようになります。

    バランス・スコアカード環境では、プロジェクトを使用してイニシアチブを追跡できます。

    評価指標タイプ評価指標タイプによって、一連の評価指標の属性が定義されます。通常、1 つの評価指標タイプでは、"収益"など、業績の 1 つの側面が識別されます。

    例えば、「収益」評価指標タイプは、「収益と国または地域」、「収益と地区」、「収益と市」などのように評価指標と関連付けることができます。評価指標タイプを表示すると、IBM Cognos Metric Studio では、評価指標がどのスコアカードに属しているかにかかわらず、その評価指標タイプに属する評価指標が示されます。

    評価指標タイプの定義は通常、既存のデータベースには保存されないため、MetricStudio で直接評価指標タイプを作成することが必要となる場合があります。

    図やレポートを評価指標タイプに割り当てると、その評価指標タイプに属する各評価指標の図とレポートのタブに表示できます。

    評価指標タイプでは、評価指標タイプ、実績値、目標値、および許容範囲の評価指標値の計算を定義することもできます。ユーザー定義の列は、ユーザー定義の式を使用して計算できます。評価指標タイプの計算は、そのタイプに属している評価指標すべてに適用されます。個々の評価指標に計算を定義することもできます。この計算は、評価指標タイプに定義されている計算よりも優先されます。

    評価指標タイプには他の評価指標タイプは含まれません。

    評価指標評価指標を使用することによって、ビジネスの重要分野の業績を測定して、現在の結果を目標値と比較できます。

    IBM Cognos Metric Studio では、評価指標によって次の値が監視されます。

    v 実績値

    通常、実績値は運用データから取得されます。

    v 目標値

    目標値によって、期待される業績のレベルが定義されます。

    v 許容範囲値

    6 IBM Cognos Metric Studio バージョン 10.2.2: ユーザー・ガイド

  • 許容範囲値によって、設定した目標から許容される逸脱の範囲が定義されます。

    v ユーザー定義の列

    ユーザー定義の列の値は通常、比較可能な評価指標に照らし合わせて、評価指標の業績を測定するために使用します。比較対象となるのは、業界全体の標準的な数値データなどです。

    ユーザーは、評価指標のステータスを閲覧して、イニシアチブが成功したかどうかを評価します。例えば、現在の経費が予算を下回っている場合、経費評価指標には、好調な結果を示す緑色のステータス・マークが表示されます。

    評価指標は、1 つの評価指標タイプのみに関連付けられています。関連付けられている評価指標タイプは通常、特定の数値データ (利益幅など) を表し、業績パターンや集計値などの共通の動作も定義します。

    評価指標を表示するスコアカードの数に制限はありませんが、1 つのスコアカードをホーム・スコアカードとして指定する必要があります。

    算出評価指標

    評価指標を、ロードした特定の値から派生させて作成できます。他の評価指標で計算された値から派生する、計算された評価指標を作成することもできます。

    算出評価指標では、他の評価指標に基づくステータス、スコア、および値が提供されます。

    次の 2 種類の算出評価指標を作成できます。

    v 派生インデックスv 式に基づく算出評価指標

    Metric Studio で直接、式に基づく算出評価指標を追加または削除することを推奨します。Metric Studio のエクスポート・ファイルから算出評価指標をインポートすることも可能ですが、等式エクスポート・ファイルの変更は推奨していません。

    戦略戦略を使用すると、ユーザーにとって最も意味のある形で評価指標を整理できます。

    IBM Cognos Metric Studio アプリケーションにはさまざまな戦略を含めることができます。これらのグループ・タイプを使用すると、評価指標をさまざまな方法で構成および表示できます。1 つの評価指標は、複数の戦略に属することができます。

    戦略は、多くの場合、チームの所期した目的や、視点に関するバランス・スコアカード・ビューを表すために使用されます。戦略要素の視点タイプを使用すると、品質の向上など、達成しようとしている結果を基にして評価指標やプロジェクトを構成できます。その後、その目的を達成しているかどうかを示す評価指標を追加して、"返品"、"製造欠陥"、"全体の欠陥"などの評価指標をグループに追加できます。

    第 2 章 Metric Studio を使用した業績管理 7

  • 戦略にはレポートやプロジェクトを関連付けることもできます。戦略に関連付けられたプロジェクトおよびレポートは、スコアカードに関連付けられたプロジェクトおよびレポートとは無関係であることに注意してください。

    タブ区切りファイルを使用するか、Metric Studio で直接、戦略や戦略要素を作成できます。

    スコアカード処理モデルスコアカードおよび評価指標タイプは、便利で有意義な方法で構成する必要があります。

    各組織にはスコアカード構造を形成する独自の要件がありますが、一般的なスコアカード処理モデルもあります。

    主なモデルは次のおりです。

    v フランチャイズ・モデルv 部門モデルv バランス・モデル

    フランチャイズ・モデルフランチャイズ・モデルは、組織全体を通じて同じタイプの評価指標を監視するために使用します。この標準化によって、組織の各部門で確実に同じ数値データが使用されるようになります。

    フランチャイズ・モデルに従ったスコアカード構造は通常、地理的分布など、組織内の既存の構造に基づいています。

    例えば"銀行: 世界"では、ATM 取引を監視するスコアカード構造を、地理的地域に基づいて作成できます。監視する評価指標タイプは、ATM による顧客の送金、預金、引き出しなどになります。

    このスコアカード構造を使用すると、管理者は自分の管轄の ATM 利用状況を監視し、市のレベルまでドリルダウンして、利用状況が最適であるかどうかを判断できます。

    8 IBM Cognos Metric Studio バージョン 10.2.2: ユーザー・ガイド

  • 図 1. 各種 ATM 取引のタイプが記載された日本のスコアカード

    第 2 章 Metric Studio を使用した業績管理 9

  • 部門モデル多角的な組織では、組織の部門ごとに業績目標が異なる場合があります。

    部門モデルでは、スコアカードまたはスコアカード・ツリーの分岐ごとに評価指標タイプが異なります。

    例えば、スポーツ用品を販売している「Sample Outdoors」社では、「販売」、「流通」、「マーケティング」、「財務」などの部門グループに基づいてスコアカードを構成できます。

    このスコアカード構造を使用すると、ユーザーは自分のグループの業績に直接的な影響を及ぼす評価指標を監視できます。例えば、"財務"グループは"営業利益率"や"利益幅"などの評価指標に関心があり、"販売"グループは"販売手数料"や"販売数量"などの評価指標に関心があります。

    10 IBM Cognos Metric Studio バージョン 10.2.2: ユーザー・ガイド

  • バランス・モデルバランス・モデルは通常、フランチャイズ・モデルや部門モデルとともに使用します。

    評価指標グループを使用して、フランチャイズ・モデルまたは部門モデルの上にバランス・モデルを重ねると、評価指標の視点を提供することができます。

    バランス・モデルを実装する別の方法として、視点ごとにスコアカードを作成する方法があります。これは、バランス・スコアカード処理の実装を開始しようとしている組織にとって便利です。

    例えば、比較モデルまたは部門モデルでは、"単位当たりの欠陥品数"、"リコール数"、"返品数"などの評価指標を 1 つのグループにまとめ、顧客への影響に関する視点を取得できます。

    これらの組織は、多くの場合、グループを使用して重ねたバランス・スコアカード・モデルを含む部門モデルへと成長します。

    IBM Cognos Business Intelligence アプリケーションの構築IBM Cognos Business Intelligence コンポーネントを使用して、レポート作成および分析アプリケーションを構築します。

    IBM Cognos Business Intelligence アプリケーションのライフサイクルは数カ月から数年にまで及びます。その期間中にデータは変更される可能性があり、新しい要件が生じます。基本データが変更されると、作成者は既存のコンテンツを変更して新しいコンテンツを作成する必要があります。やがて、管理者もモデルやデータ・ソースを更新する必要が生じます。データ・ソースの使用方法の詳細については、「IBM Cognos Business Intelligence 管理およびセキュリティー・ガイド」および「IBM Cognos Framework Manager ユーザー・ガイド」を参照してください。

    始める前に

    実用的なアプリケーションには、変更管理やデータ制御などを目的としたプロセスに加え、技術インフラストラクチャー、セキュリティー・インフラストラクチャ

    第 2 章 Metric Studio を使用した業績管理 11

  • ー、ポータルなどが含まれています。IBM Cognos BI コンテンツの作成に関連するワークフローについては、「IBM Cognos Business Intelligence アーキテクチャーと実装ガイド」を参照してください。追加情報については、IBM Cognos SolutionsImplementation Methodology ツールキットを参照してください。このツールキットには、実装ロードマップやサポート・ドキュメントが含まれます。ツールキットに関する情報は、IBM Support Portal (http://www.ibm.com/software/analytics/support/finding-answers) から入手できます。

    次の図では、IBM Cognos BI を使用してすべての IBM Cognos BI コンポーネントにまたがるアプリケーションを構築する方法の概要が説明されています。

    手順1. データ・ソースとモデルを探して準備する。

    IBM Cognos BI では、リレーショナル・データ・ソースとディメンション・データ・ソースの両方からレポートを作成できます。データベース接続は Web 管理インターフェースで作成され、モデルの作成や、アプリケーションの作成および実行の目的に使用されます。

    オーサリングや表示の目的でデータを使用するには、Business IntelligenceStudio/Authoring ツールに (パッケージと呼ばれる) メタデータのモデルのサブセットが必要になります。このメタデータは Framework Manager での詳細なモデル化を必要とする場合があります。

    2. コンテンツを作成して発行する。

    レポート、スコアカード、分析、ワークスペースなどは、IBM Cognos BI のStudio/Authoring ツールを使用して作成されます。どの Studio/Authoring ツールを使用するかポートの内容、使用期間、利用者などによって異なり、ディメンションを使用してデータをモデル化するか、リレーショナルにデータをモデル化するかによっても異なります。例えば IBM Cognos Workspace Advanced、IBMCognos Query Studio、IBM Cognos Analysis Studio ではセルフサービスによるレポート作成と分析が行われ、IBM Cognos Report Authoring ではスケジュールされたレポートが作成されます。通常、Report Authoring のレポートとスコアカードは広範囲の利用者を想定して作成され、IBM Cognos Connection やその他のポータルに発行され、そこでバーストや配布などのスケジュールが設定されます。また、Report Authoring では、セルフサービスによるレポート作成のためのテンプレートを作成することもできます。

    3. 情報を配信して表示する。

    IBM Cognos ポータルやサポートされているその他のポータルからコンテンツを配信し、ポータルに保存された情報や他のメカニズムによって配信された情報を

    12 IBM Cognos Metric Studio バージョン 10.2.2: ユーザー・ガイド

    http://www.ibm.com/software/analytics/support/finding-answers

  • 表示します。作成に使用した Business Intelligence の Studio/Authoring ツール内からレポート、分析、スコアカードなどを実行することもできます。

    調整とパフォーマンスについては、「IBM Cognos Business Intelligence 管理およびセキュリティー・ガイド」および IBM Support Portal (http://www.ibm.com/software/analytics/support/finding-answers) を参照してください。

    Sample Outdoors 社Sample Outdoors 社のサンプルは、製品の機能と、技術およびビジネスに関するベスト・プラクティスについて説明するためのものです。

    また、これらのサンプルを使用すると、レポートのデザイン方法を試したり共有したりできるほか、トラブルシューティングを行うこともできます。サンプルを使用しながら製品の機能について理解できます。

    各種のビジネスに関連する例については、IBM Knowledge Center(http://www.ibm.com/support/knowledgecenter) にある製品の詳細を参照してください。

    Sample Outdoors 社、GO 販売、または Sample Outdoors 名のすべてのバリエーションは、架空のビジネス運営に関する名前で、そのサンプル・データは IBM および IBM のお客様向けのサンプル・アプリケーションの開発に使用されています。このサンプル・アプリケーションの架空のレコードには、販売取引、製品配布、財務、および人事に関するサンプル・データが含まれています。実在する名称、住所、連絡先電話番号、取引額とは一切関係がありません。許可なく複製することは禁止されています。

    サンプルの概要

    サンプルは、次のコンポーネントで構成されています。

    v すべての企業データが格納されている 2 つのデータベース、およびクエリーと分析に使用する関連サンプル・モデル

    v サンプル・キューブと関連モデルv 評価指標データ・ソース (関連付けられた評価指標および連結法人用の戦略マップを含む)、および評価指標の抽出データのモデル

    v レポート、クエリー、クエリー・テンプレート、およびワークスペース

    双方向レポートを実行するにはスクリプトが必要です。サンプル・パッケージに含まれるすべてのレポートを表示するには、サンプル・コンテンツのファイルを配布フォルダーにコピーし、配布内容を IBM Cognos Business Intelligence 製品にインポートします。

    セキュリティー

    サンプルはすべてのユーザーが使用可能です。

    セキュリティーを実装するには、「IBM Cognos Business Intelligence 管理およびセキュリティー・ガイド」を参照してください。

    第 2 章 Metric Studio を使用した業績管理 13

    http://www.ibm.com/software/analytics/support/finding-answershttp://www.ibm.com/support/knowledgecenter

  • Sample Outdoors 社グループサンプル、特に財務サンプルを素早く設計する場合は、Sample Outdoors 社に関する一般的な情報が役立ちます。

    特定の製品機能を使用するサンプルを見つけるには、このセクションに記載されている個々のサンプルの説明を参照してください。

    Sample Outdoors 社の収益は、直営店とフランチャイズ店の運営を通じてもたらされます。収益では、全額出資の関連会社からのものが合算されます。6 つの独立した組織があり、各組織は独自の部門と販売支店を持ちます。これらのうち 5 つの組織は、地域ベースの会社です。

    6 つ目の会社の GO Accessories は次のような組織です。

    v ブランド、名前、価格、色、サイズによって他の GO 会社と区別される独自の製品群を持つ。

    v 1 つの支店からすべての地域および小売業者に販売を行う。v ジュネーブを拠点とする運営会社としても、ヨーロッパにある 3 つの GO 関連会社の共同所有者としても機能する。

    この図は、連結法人の構造を示しています。GO 中欧に対する所有割合の変化、および子会社ごとのレポートで使用する通貨と GL プレフィックスも表示されています。

    図 2. 連結法人の構造

    14 IBM Cognos Metric Studio バージョン 10.2.2: ユーザー・ガイド

  • すべての企業において、次の表に示す部門と GL の構造が共通して使用されます。各部門では、異なる通貨でレポートが作成される場合があります。例えば、アメリカの関連会社ではレポートが米ドルで作成されますが、本社部門の現地通貨にはカナダ・ドルが、事業部門の現地通貨にはペソが使用されます。

    表 1. 部署の構造

    部門 (GL) 部署 (GL)

    本社 (1700) 販売 (1720)

    マーケティング (1750)

    情報サービス/技術 (1760)

    人事 (1730)

    財務 (1740)

    調達 (1710)

    事業部門 (1800) 製造販売 (1820)

    顧客サービス (1820)

    各企業は、完全な勘定科目一覧表を持ちます。人件費以外の経費の下位の勘定科目など、勘定科目のほとんどは部門レベルにあり、集計額のみが記載されます。例えば、各マーケティング部門で経費が発生していても、マーケティング・プロモーションが行われるトランザクション・レベルの費用は特定されません。

    従業員Sample Outdoors 社のデータには、すべての部門、部署、地域の従業員に関する完全なリストがあります。

    レポートで使用できるデータには、賞与 (大域賞与レポート)、販売手数料 (中欧の販売手数料レポート)、研修 (年別従業員研修レポート)、業績評価と従業員満足度調査 (2012 年従業員満足度) があります。Metric Studio を使用する場合は、人事のサンプル評価指標も使用できます。

    "GO データ・ウェアハウス (分析)"パッケージでは、数値データのグループと関連ディメンションがフォルダーごとにまとめられています。従業員は地域および責任者ごとに階層構造でまとめられているため、ユーザーがさまざまな種類の集計に基づいて簡単にレポートを作成できるようになっています。"職位数"と"計画職位数"が各時間レベル (月単位、四半期単位、または年単位) で正しく集計されるように、"従業員職位概要"の数値データに対して集計が定義されています。例えば、"計画人員数" レポートを参照してください。

    従業員は、Tivoli® を含む LDAP IBM 製品の認証に使用できるサンプル LDIF ファイルにもリストされます。この認証ディレクトリーは、IBM Cognos Planning のサンプルを使用する場合に必要です。この他にセキュリティー・プロファイルに依存するサンプルはありません。

    第 2 章 Metric Studio を使用した業績管理 15

  • 販売とマーケティングSample Outdoors 社グループのすべての企業について、販売とマーケティングのデータを使用できます。

    GO Accessories 社の詳細データでは、分析の例で利用できる、豊富な情報が提供されます。例については、"販売とマーケティング"キューブに基づいた"製品ブランド別の収益と総利益率の対比"分析を参照してください。マーケティングと販売のキャンペーンは、各地域にある Sample Outdoors 社の関連会社に結び付けられています。

    全体的に、GO 社の各関連企業では、すべての地域において (2011 年 GO 関連会社収益)、ほとんどの製品ラインで (売上成長前年比) 収益が順調に伸びています。この理由として、リピート客の増加や、サングラスの製品ラインにおける利益幅の増加に見られるような製品の新規投入や機能向上などが挙げられます。5 地域の関連会社 (GO Accessories 社以外の全社) が実施したプロモーションでは、製品ラインの販売において結果が分かれました (キャンペーン、セット売り、四半期のプロモーション効果)。Metric Studio を使用する場合は、この情報をサンプル評価指標でも確認できます。

    顧客調査

    顧客調査の情報が含まれたデータも利用できます。例えば、虫除けスプレーや日焼け止めなどの製品ラインでは顧客満足度が低く (製品満足度 - アウトドア用保護用品 2011)、小売業者の不満につながる原因として、返品よりも顧客サービスのレベルがより大きく関係している可能性があります (返品および顧客満足度)。MetricStudio を使用する場合は、この情報を評価指標でも監視できます。

    販売店

    直営店による収益はトランザクション・レベルで利用できます。フランチャイズ店による収益は統合レベルのみで利用できます ("販売とマーケティング"キューブ)。小売業者に関する評価指標では、このデータで示された期間中に新しい小売店の数が減少したことを確認できます。

    GO Accessories 社は、全世界を対象に小物のみを販売しています。GO Accessoriesのトランザクション・データは、ブランド別、色別、サイズ別の製品分析の主要なソースです。企業グループに属するその他の関連会社 5 社は、それぞれが担当する地域の小売業者を対象にすべての製品ラインを販売しています。たとえば、「2011年小売業者上位 10 社」レポートでは、スパークラインを使用して、小売業者のレベルで収益を確認するためのデータをリスト表示します。

    Sample Outdoors のデータベース、モデル、パッケージSample Outdoors Framework Manager モデルは、モデルの作成手法を例示するもので、サンプルをサポートします。

    これらのモデルは GO データ・ウェアハウスおよび GO 販売のトランザクション・データベースに基づいており、サンプルのレポートとクエリーの基礎となります。それぞれのモデルには、データの次元的な分析ビューとクエリー・ビューを発行するための 2 つのパッケージがあります。

    16 IBM Cognos Metric Studio バージョン 10.2.2: ユーザー・ガイド

  • サンプル・モデルを表示するには、IBM Cognos Business Intelligence のモデル作成ツールである Framework Manager へのアクセス権が必要です。また、サンプル・データベースとその接続の設定が必要な場合もあります。

    GO データ・ウェアハウス

    「GO データ・ウェアハウス」モデル (great_outdoors_data_warehouse.cpf) は、データベース GOSALESDW に基づいています。このモデルには、人事、販売とマーケティング、財務についてのデータが、業務分野ごとにグループ化されて格納されています。データベース・ビューでは、これらの 3 つの業務分野が別々のネームスペースにグループ化されています。データベース・ビューには 4 つ目のネームスペースとして"GO データ"が用意されており、ここに共通の情報が格納されます。

    データベース・ビューは、基盤となるデータベースの構造とほぼ同じです。テーブル (データベース・クエリー・サブジェクト) は一切変更されていません。これにより、ほとんどの場合は、データベースへのメタデータ・コールを使用せずに、IBMCognos BI でメタデータをパッケージから直接取得できます。データベース・ビューでは、次の変更と追加が行われています。

    v 必要に応じて結合が追加されている。v 異なる細分性のレベルで集計を行えるようにするため、モデル・クエリー・サブジェクトがいくつか作成されている。例えば、"時間"と"販売"または"時間"と"販売の実情"の間の関係を参照してください。

    v 検索テーブルとディメンション内の各レベルの間で単一の結合を作成できるようにするため、検索テーブルがコピーされている。例えば、"製品"検索テーブルを参照してください。

    ビジネス・ビューには、モデル・クエリー・サブジェクトのみが格納され、結合はありません。ビジネス・ビューでは、次の変更と追加が行われています。

    v モデル・クエリー・サブジェクトに計算が追加された。例えば、時間ディメンションには言語の計算があります。

    v データベースに複数の階層がある場合に、各階層をまとめるために新しいディメンションが作成されている。例えば、従業員階層は管理者や地域などのいくつかのカテゴリーに編成されています。

    GO 販売トランザクション・データベース

    「GO 販売」モデル (great_outdoors_sales.cpf) は、トランザクション・データベースとして構造化された GOSALES データベースに基づいています。このデータベースには、主に販売データが格納されています。

    データベース・ビューは、基盤となるデータベースの構造とほぼ同じです。データベース・ビューでは、次の変更と追加が行われています。

    v ファクト表を時間ディメンションに結合できるように、モデル・クエリー・サブジェクトと、複数の部分で構成される結合が使用されている。

    v 必要に応じて他の結合が追加されている。

    ビジネス・ビューには、モデル・クエリー・サブジェクトのみが格納され、結合はありません。ビジネス・ビューでは、次の変更と追加が行われています。

    v モデル・クエリー・サブジェクトに計算が追加された。

    第 2 章 Metric Studio を使用した業績管理 17

  • v 時間ディメンションでの結合を可能にするためにデータベース・ビューで作成されたモデル・クエリー・サブジェクトが、参照ショートカットとしてリンクされている。

    v データベースに複数の階層がある場合に、各階層をまとめるために新しいディメンションが作成されている。

    v "販売員"は、徐々に変化する従業員ディメンションのサブセットである。"GO 販売"に一意の従業員キーがないため、フィルターで取得されるのは現在のレコードのみです。このモデルでは、履歴データは使用されません。

    サンプル PowerCubes

    次のキューブは、Sample Outdoors サンプルとともに英語、フランス語、ドイツ語、日本語、中国語で配布されます。

    v sales_and_marketing.mdcv employee_expenses.mdcv go_accessories.mdcv go_americas.mdcv go_asia_pacific.mdcv great_outdoors_sales_ja.mdcv great_outdoors_7.mdc

    サンプル・パッケージ

    Sample Outdoors のサンプルには、6 個のパッケージが含まれています。使用可能な各パッケージの簡単な説明が提供されています。

    "GO データ・ウェアハウス (分析)"は、ディメンションを使用してモデル化した、GOSALESDW データベースのビューです。このパッケージは、IBM CognosAnalysis Studio を含むすべての Studio/Authoring ツールで使用できます。このパッケージを使用して、ドリルアップとドリルダウンを行うことができます。

    "GO 販売 (分析)"は、ディメンションを使用してモデル化した、GOSALES データベースのビューです。このパッケージは、Analysis Studio を含むすべてのStudio/Authoring ツールで使用できます。このパッケージを使用して、ドリルアップとドリルダウンを行うことができます。

    "GO データ・ウェアハウス (クエリー)"は、ディメンションを持たない、GOSALESDW データベースのビューです。このパッケージは、Analysis Studio を除くすべての Studio/Authoring ツールで使用でき、ドリルアップやドリルダウンの必要がない場合のレポート作成で有用です。

    "GO 販売 (クエリー)"は、ディメンションを持たない、GOSALES データベースのビューです。このパッケージは、Analysis Studio を除くすべての Studio/Authoringツールで使用でき、ドリルアップやドリルダウンの必要がない場合のレポート作成で有用です。

    「販売とマーケティング (キューブ)」は、sales_and_marketing.mdc キューブに基づく OLAP パッケージです。

    18 IBM Cognos Metric Studio バージョン 10.2.2: ユーザー・ガイド

  • 「Great Outdoors 売上 (キューブ)」は、「great_outdoors_sales_en.mdc」キューブに基づく OLAP パッケージです。

    注: OLAP パッケージである「Great Outdoors 売上 (キューブ)」と「販売とマーケティング (キューブ)」では、多言語を使用できません。IBM_Cognos_PowerCube.zipアーカイブには、各パッケージの 5 つの言語バージョン (英語版、フランス語版、ドイツ語版、日本語版、および中国語版) が格納されています。

    第 2 章 Metric Studio を使用した業績管理 19

  • 20 IBM Cognos Metric Studio バージョン 10.2.2: ユーザー・ガイド

  • 第 3 章 スコアカード処理環境の計画

    適切な評価指標が組織内の適切な人物によって確実に監視されるようにするには、スコアカード処理環境の綿密な計画が必要です。

    計画では、次のような決定を行います。

    v 監視する評価指標v 使用するスコアカード構造v 作成する IBM Cognos Metric Studio アプリケーションv 使用するデータ・ソースv データのロード方法

    評価指標

    既存のビジネス評価指標を Metric Studio に移行する場合でも、新しい目標や評価指標を使用してビジネスを再調整する場合でも、監視する評価指標を識別する際には次の質問が役立ちます。

    v 戦略的な目標は何か。v 対象ユーザーは誰か。v これらの目標を満たしているかどうかを判断するために、どの評価指標を追跡する必要があるか。

    v これらの評価指標と比較する目標値および基準は何か。v 進行中の期間の情報をどのように自動集計するか。v 複数の評価指標を 1 つの集計数値データにまとめる必要があるか。

    スコアカード

    Metric Studio を使用して評価指標をスコアカードに構成すると、ユーザーは 1 つの画面で業績レベルを評価指標に照らし合わせて確認できます。組織の部門ごとに異なる評価指標を重視している場合があるので、評価指標は対象ユーザー別の異なるスコアカードに構成するか、または組織の管理構造を反映した階層に構成します。例えば、高レベルの会社の目標に対して 1 つのスコアカードを用意し、組織内の部門単位ごとに一連のスコアカードを、ビジネス・ユニットごとにさらに別の一連のスコアカードを用意できます。また、関連する評価指標をグループにまとめて、これらが互いにどのように影響しているかを示すこともできます。

    スコアカードを計画する際は、次の質問が役立ちます。

    v どのユーザーがどの評価指標を見る必要があるか。v どの評価指標が関連しているか。v 各ユーザーがどの程度の詳細を確認する必要があるか。

    © Copyright IBM Corp. 2002, 2014 21

  • データ・ソースの選択測定する評価指標を決めたら、これらの評価指標をサポートするデータ・ソースを指定する必要があります。

    一般的な組織では、これらの情報はさまざまなリレーショナル・データベース、OLAP ソース、またはスプレッドシートに保存されています。これらの情報を IBMCognos Metric Studio にロードする方法を決めるには、ソースを特定する必要があります。

    ユーザーから提供されたデータがある場合は、その情報を直接 Metric Studio に入力できます。ユーザー・インターフェースを使用するか、データを収集するデータベースを作成し、インポートによってデータを Metric Store に移動します。ユーザー・インターフェースは、外部ソースにデータが存在しない場合、あるいは更新される値の量が少なく、更新頻度も低い場合に便利です。情報を頻繁に更新する場合は、ユーザーが提供するデータを収集するためのデータベースを作成する意味がありますが、データベースの作成と保守にかかる開発コストの正当性を理由付ける必要があります。

    また、データに対してどのようなアクセス権を持っているかと、データの変更頻度も考慮する必要があります。例えば、キューブのベースとなるデータベースへのアクセス権がない場合は、データ・ソースに OLAP キューブを使用しなければならない場合があります。キューブは、評価指標値を更新するときに、データベースがビジー状態でアクセスできない場合にも役立ちます。

    スコアカード構造を計画するときは、1 つのデータ・ソースで構造を表すことができるかどうかを判断します。適切なデータ・ソースが存在しない場合は、構造を手作業で作成できます。キューブはスコアカード階層にとって適したソースとなることがあります。

    また、評価指標の計算を Metric Studio、IBM Cognos Metric Designer、キューブ、または IBM Cognos Framework Manager モデルのうち、どこで実行するのかを決定することも必要です。可能であれば、計算はキューブまたは Framework Manager モデルで実行するようにします。これによって、他のコンポーネントでも計算を使用できるようになるからです。次に好ましいオプションは、Metric Designer での計算の実行です。Metric Designer を使用していないか、または Metric Studio にのみすべてのコンポーネント値が存在する場合は、Metric Studio で計算を実行できます。

    Metric Studio へのデータ・ロード方法の選択データ・ソースの特定に加え、データを抽出して Metric Store にロードする方法を決定する必要があります。どのような方法でステージング・テーブルをロードするかにはかかわらず、データおよび評価指標の Metric Store への移動には、MetricStudio を使用できます。

    Metric Designer

    IBM Cognos Metric Designer は、リレーショナル・データ・ソースとディメンショナル・データ・ソース (Framework Manager パッケージ、IBM Cognos Impromptu®

    クエリー定義ファイル、およびキューブ) から、ステージング・テーブルにロードされる抽出データへ、情報をマッピングして転送するアプリケーションです。

    22 IBM Cognos Metric Studio バージョン 10.2.2: ユーザー・ガイド

  • 大量のデータと評価指標のタイプをロードする場合や、すでに IBM CognosPerformance Application を使用している場合は、Metric Designer の使用を推奨します。詳細については、「IBM Cognos Metric Designer User Guide」を参照してください。

    Metric Studio とタブ区切りファイル

    Metric Studio では、タブ区切りファイルのデータをインポートできます。この方法は、スプレッドシートやデータベースに保持されているデータをロードするのに便利です。データをインポートするには、まずスプレッドシートまたはデータベースのデータを Metric Studio の要件を満たす一連のタブ区切りファイルに保存し、次にタブ区切りファイルをステージング・テーブルにインポートします。

    ETL (抽出、変換、ロード) ツール

    すでに ETL ツールを使用している場合は、そのツールを使用して Metric Studio のステージング・テーブルにデータを挿入できます。

    手作業の入力

    入力する評価指標データが少量であるか、データが他のソースに存在しない場合には、データを手作業で入力します。

    設定とカスタマイズのワークフローIBM Cognos Metric Studio をインストールしたら、次の手順に従ってスコアカード処理環境を設定およびカスタマイズします。

    v スコアカード処理環境の計画v Metric Studio アプリケーションの作成v データのステージング・テーブルへのロードv ステージング・テーブルから Metric Store へのデータのロードと再計算v スコアカード処理構造の定義v 権限の指定とセキュリティー・レベルの設定v スコアカードの保守と強化

    ユーザーが参照できる評価指標は、ユーザー自身が所有し、責任を持つ評価指標と、読み取り権限、書き込み権限、または管理者権限を持つ、その他の関連する評価指標です。

    第 3 章 スコアカード処理環境の計画 23

  • 24 IBM Cognos Metric Studio バージョン 10.2.2: ユーザー・ガイド

  • 第 4 章 Metric Studio アプリケーションの作成

    IBM Cognos Metric Studio アプリケーションとは、組織の業績に関する特定の側面を監視するために使用する一連のスコアカード、評価指標、およびプロジェクトです。アプリケーションは、自分独自の基準を使用して作成できます。

    アプリケーションは、多くの場合、ユーザーが関心のある評価指標のみを取り扱うことができるように、特定のグループのユーザーによって定義されます。例えば、カスタマー・サポートのアプリケーションを作成して、サポートの各ケースの解決に要した時間と、未解決のケースの件数を追跡できます。また、在庫管理アプリケーションを作成し、在庫補充率と廃棄率を追跡できます。さらに、部門の枠を超えた組織全体の評価指標を含むアプリケーションを作成し、各業績分野の総合的な視野をユーザーに提供することもできます。

    アプリケーションを作成するには、次の手順に従います。

    v Metric Store を作成します。v 評価指標パッケージを作成します。

    この作業では、データ・ソース接続の作成と、Metric Store の初期化が必要な場合があります。

    Metric Store の作成Metric Store には、スコアカードと評価指標データが格納されます。また、ユーザー設定などの IBM Cognos Metric Studio の設定も含みます。Metric Studio ではこのMetric Store を使用して、情報の保存、整理、および取得が行われます。

    Metric Store が存在しない場合は、まず Oracle、Microsoft SQL Server、またはDB2® を使用して、Metric Store 用のデータベースを作成する必要があります。

    Metric Store の作成方法については、「IBM Cognos BI インストールおよび設定ガイド」を参照してください。

    評価指標パッケージ評価指標パッケージは、IBM Cognos Connection ポータルで利用できるようにするIBM Cognos Metric Studio アプリケーションを表したものです。評価指標パッケージには、そのアプリケーションの接続情報、レポート、および評価指標管理タスクが含まれています。

    各評価指標パッケージには、一意の名前を付ける必要があります。

    評価指標パッケージの内容は Metric Store に格納されます。評価指標パッケージの作成では、新しい Metric Store を初期化するか、または既存の Metric Store を使�

of 267/267
IBM Cognos Metric Studio バージョン 10.2.2 ユーザー・ガイド
Embed Size (px)
Recommended