+ All Categories
Home > Documents > V M ßQ r s $sÆ p > ÇVhirasho/h27research/seikatu sougou.pdf · Å 2 é !¢ È Ç (( Ã 6 ä ý:*...

V M ßQ r s $sÆ p > ÇVhirasho/h27research/seikatu sougou.pdf · Å 2 é !¢ È Ç (( Ã 6 ä ý:*...

Date post: 31-Jul-2020
Category:
Upload: others
View: 0 times
Download: 0 times
Share this document with a friend
11
平成25年度までは,生活科と総合的な学習の時間(本校では以後,総合的学習とする)は,そ れぞれ独立した教科・領域であるため,当然の事ながら別々の研究教科として授業を行ってきた。 しかし生活科・総合的学習では共に様々な体験をし,他者(本校では他者とは,自分とかかわる身 近な人々,社会及び自然とのことを指す)と関ったりする中で,自ら主体的に学習展開をする中で, 自分自身を見つめることを目標としているなど,非常に共通点が多い。そこで平成26年度からは, 生活科と総合的学習を一本化し,系統立てて研究することにした。 平成26年度には,生活科と総合的学習の目標達成に向けた指導を進めていく上で,学習対象が 「自然」,「自分」,「人・社会」であり,学習活動が体験的・探究的であるという共通性があること をふまえて、一貫性・系統性を重視した学習指導が必要であると考え,生活科と総合的学習の一貫 カリキュラムを作成することにした。その際,生活科と総合的学習のそれぞれの特質をふまえ,児 童が様々な活動や体験を行うことを通じて「気付き」を連続発展させる中で,自分自身を大切にし, 他者を尊重する生き方を考える子どもの育成に焦点を当ててきた。 研究の成果として,生活科と総合的学習を一本化し,一貫性・系統性を重視することで,低学年 からの学びの積み重ねを活かせるようになり,総合的学習では,より発展的に進めることができる ようになってきた。また,単元の系統性を提示することで,学びの連続性を提案することができた。 気付きを学びの原動力とした探究的な活動を推進してきたが,いくつか課題として見えてきた。教 師の役割としての気付きの連鎖を誘発する場面では,子どもたちの様々な気付きを整理する活動(本 校では「見える化」とする)を充分に行えなかったため,次への繋がりが弱く何をしたら良いのか 見つけることができなかったり,気付いたことを発表する際に批判的な内容があり,他者を受け入 れるような寛容な態度を表すこと(本校では自他尊重とする)ができなかったりしたこともあった。 そこで,本年度の研究も様々な活動体験の中での「気付き」を大切にしてを研究主題とする。また, 児童相互の人間関係をつなげることを目指して進めていきたいと考える。 生活科では,入学した1年生が,2年生に学校探検に連れて行ってもらう。そこで,大きな学校 の校庭に行き,「小学校には自然がいっぱい。」「生き物がいっぱい。」と自然との出合いを果たす。 そして「校庭で遊んでみたい。」「生き物をいっぱい見つけたい。」と自然の素晴らしさへの気付きが 始まる。これらの気付きから「もっとやってみたい。」「もっと知りたい。」と自然との関わりを深め ていくのである。これらの流れは,総合的学習でも同じである。本校の生活科・総合的学習は,日 常生活から地域・社会・自然に目を向け,他者と関わりながら,様々な教科・領域で身に付けた力 や様々な経験・体験を生かして,探究的な活動へと向かうのである。さらに子どもが自己の生き方 を考えるだけでなく,自他尊重の生き方を考えるために,他者との関わりの中で,相手の立場に立 ◇生活科・総合的学習 気付きの連鎖で育てる自他尊重の生き方を考える子ども ~探究的な活動で深める気付き~ 松浦 智史 ・ 四辻 伸吾 84
Transcript
Page 1: V M ßQ r s $sÆ p > ÇVhirasho/h27research/seikatu sougou.pdf · Å 2 é !¢ È Ç (( à 6 ä ý:* $å " å t G â Ó ü Ç È :* û S ¾ 1 ¿ K 2016.1.12 2 Ü9Ø û qíãé X Hÿ!¢È

2016.1.12

1

はじめに

平成25年度までは,生活科と総合的な学習の時間(本校では以後,総合的学習とする)は,そ

れぞれ独立した教科・領域であるため,当然の事ながら別々の研究教科として授業を行ってきた。

しかし生活科・総合的学習では共に様々な体験をし,他者(本校では他者とは,自分とかかわる身

近な人々,社会及び自然とのことを指す)と関ったりする中で,自ら主体的に学習展開をする中で,

自分自身を見つめることを目標としているなど,非常に共通点が多い。そこで平成26年度からは,

生活科と総合的学習を一本化し,系統立てて研究することにした。 平成26年度には,生活科と総合的学習の目標達成に向けた指導を進めていく上で,学習対象が

「自然」,「自分」,「人・社会」であり,学習活動が体験的・探究的であるという共通性があること

をふまえて、一貫性・系統性を重視した学習指導が必要であると考え,生活科と総合的学習の一貫

カリキュラムを作成することにした。その際,生活科と総合的学習のそれぞれの特質をふまえ,児

童が様々な活動や体験を行うことを通じて「気付き」を連続発展させる中で,自分自身を大切にし,

他者を尊重する生き方を考える子どもの育成に焦点を当ててきた。

研究の成果として,生活科と総合的学習を一本化し,一貫性・系統性を重視することで,低学年

からの学びの積み重ねを活かせるようになり,総合的学習では,より発展的に進めることができる

ようになってきた。また,単元の系統性を提示することで,学びの連続性を提案することができた。

気付きを学びの原動力とした探究的な活動を推進してきたが,いくつか課題として見えてきた。教

師の役割としての気付きの連鎖を誘発する場面では,子どもたちの様々な気付きを整理する活動(本

校では「見える化」とする)を充分に行えなかったため,次への繋がりが弱く何をしたら良いのか

見つけることができなかったり,気付いたことを発表する際に批判的な内容があり,他者を受け入

れるような寛容な態度を表すこと(本校では自他尊重とする)ができなかったりしたこともあった。 そこで,本年度の研究も様々な活動体験の中での「気付き」を大切にして「気付きの連鎖で育て

る自他尊重の生き方を考える子ども~探究的な活動で深める気付き~」を研究主題とする。また,

児童相互の人間関係をつなげることを目指して進めていきたいと考える。 1.生活科・総合的学習がめざす子ども像

生活科では,入学した1年生が,2年生に学校探検に連れて行ってもらう。そこで,大きな学校

の校庭に行き,「小学校には自然がいっぱい。」「生き物がいっぱい。」と自然との出合いを果たす。

そして「校庭で遊んでみたい。」「生き物をいっぱい見つけたい。」と自然の素晴らしさへの気付きが

始まる。これらの気付きから「もっとやってみたい。」「もっと知りたい。」と自然との関わりを深め

ていくのである。これらの流れは,総合的学習でも同じである。本校の生活科・総合的学習は,日

常生活から地域・社会・自然に目を向け,他者と関わりながら,様々な教科・領域で身に付けた力

や様々な経験・体験を生かして,探究的な活動へと向かうのである。さらに子どもが自己の生き方

を考えるだけでなく,自他尊重の生き方を考えるために,他者との関わりの中で,相手の立場に立

◇生活・総合

気付きの連鎖で育てる自他尊重の生き方を考える子ども

~探究的な活動で深める気付き~ 松浦 智史 四辻 伸吾

◇生活科・総合的学習

気付きの連鎖で育てる自他尊重の生き方を考える子ども~探究的な活動で深める気付き~

松浦 智史 ・ 四辻 伸吾

— 84 —

Page 2: V M ßQ r s $sÆ p > ÇVhirasho/h27research/seikatu sougou.pdf · Å 2 é !¢ È Ç (( à 6 ä ý:* $å " å t G â Ó ü Ç È :* û S ¾ 1 ¿ K 2016.1.12 2 Ü9Ø û qíãé X Hÿ!¢È

2016.1.12

1

はじめに

平成25年度までは,生活科と総合的な学習の時間(本校では以後,総合的学習とする)は,そ

れぞれ独立した教科・領域であるため,当然の事ながら別々の研究教科として授業を行ってきた。

しかし生活科・総合的学習では共に様々な体験をし,他者(本校では他者とは,自分とかかわる身

近な人々,社会及び自然とのことを指す)と関ったりする中で,自ら主体的に学習展開をする中で,

自分自身を見つめることを目標としているなど,非常に共通点が多い。そこで平成26年度からは,

生活科と総合的学習を一本化し,系統立てて研究することにした。 平成26年度には,生活科と総合的学習の目標達成に向けた指導を進めていく上で,学習対象が

「自然」,「自分」,「人・社会」であり,学習活動が体験的・探究的であるという共通性があること

をふまえて、一貫性・系統性を重視した学習指導が必要であると考え,生活科と総合的学習の一貫

カリキュラムを作成することにした。その際,生活科と総合的学習のそれぞれの特質をふまえ,児

童が様々な活動や体験を行うことを通じて「気付き」を連続発展させる中で,自分自身を大切にし,

他者を尊重する生き方を考える子どもの育成に焦点を当ててきた。

研究の成果として,生活科と総合的学習を一本化し,一貫性・系統性を重視することで,低学年

からの学びの積み重ねを活かせるようになり,総合的学習では,より発展的に進めることができる

ようになってきた。また,単元の系統性を提示することで,学びの連続性を提案することができた。

気付きを学びの原動力とした探究的な活動を推進してきたが,いくつか課題として見えてきた。教

師の役割としての気付きの連鎖を誘発する場面では,子どもたちの様々な気付きを整理する活動(本

校では「見える化」とする)を充分に行えなかったため,次への繋がりが弱く何をしたら良いのか

見つけることができなかったり,気付いたことを発表する際に批判的な内容があり,他者を受け入

れるような寛容な態度を表すこと(本校では自他尊重とする)ができなかったりしたこともあった。 そこで,本年度の研究も様々な活動体験の中での「気付き」を大切にして「気付きの連鎖で育て

る自他尊重の生き方を考える子ども~探究的な活動で深める気付き~」を研究主題とする。また,

児童相互の人間関係をつなげることを目指して進めていきたいと考える。 1.生活科・総合的学習がめざす子ども像

生活科では,入学した1年生が,2年生に学校探検に連れて行ってもらう。そこで,大きな学校

の校庭に行き,「小学校には自然がいっぱい。」「生き物がいっぱい。」と自然との出合いを果たす。

そして「校庭で遊んでみたい。」「生き物をいっぱい見つけたい。」と自然の素晴らしさへの気付きが

始まる。これらの気付きから「もっとやってみたい。」「もっと知りたい。」と自然との関わりを深め

ていくのである。これらの流れは,総合的学習でも同じである。本校の生活科・総合的学習は,日

常生活から地域・社会・自然に目を向け,他者と関わりながら,様々な教科・領域で身に付けた力

や様々な経験・体験を生かして,探究的な活動へと向かうのである。さらに子どもが自己の生き方

を考えるだけでなく,自他尊重の生き方を考えるために,他者との関わりの中で,相手の立場に立

◇生活・総合

気付きの連鎖で育てる自他尊重の生き方を考える子ども

~探究的な活動で深める気付き~ 松浦 智史 四辻 伸吾

2016.1.12

2

ち,一人ひとりの個性や生き方を本当の意味で理解する必要があるだろう。本校では,他者を尊重

し,他者との出合いの場を有意義なものにしていけるよう子どもを育てたいと考える。これがすな

わち「自他尊重の生き方を考える子ども」ということになるのである。

2.学びを創り続ける授業モデル

(1)生活科・総合的学習における学びの過程

生活科・総合的学習では,他者との関わりから始まる。子どもは,学ぶ対象との出合いに,「こう

いう視点で見てみよう。」と観察をするだろう。「どうしてこうなっているの?」と疑問を抱くよう

になり,さらに探究していくことになる。それらをさらに他のものに置き換えてみたり,調査結果

をまとめたりすることで,誰かに伝える活動となる。このような学習のサイクルを繰り返しながら,

新たな課題を解決していくのである。本校の生活科・総合的学習では,各学年で次のような学習過

程を行う。(図 6-1)

生活科では,決める⇒活動する⇒深める⇒表すとして学習のサイクルをおこなうことにする。生

活科で大切にされている体験活動は,この学習のサイクルにおける「活動する」・「深める」過程に

あたる。活動する中で気付きを伝え合い,そして深める体験活動を行う。そうした中から,一つひ

とつの気付きから関連付けられた気付きへと質的に高まっていくのである。

総合的学習では,そのサイクルが課題の設定⇒情報の収集⇒整理・分析⇒まとめ・表現へと変化

していくのである。この一連のサイクルを低学年の生活科からスタートさせることで,3年生での

総合的学習をよりスムーズに行えるようにするものである。体験重視の生活科から探究的な活動重

視の総合的学習へと移行を促すために,深める過程をより分析的にしていくのである。

また,生活科で大切にされている気付きは,どの学年でも大切にされているものである。全ての

学習活動において下支えになっているため,学習のサイクルの外に置かれている。しかし,この気

付きがなければ,学習のサイクルは成り立たないのである。

[生活科・総合的学習でめざす本校の子ども像]

① 身近な他者に関心を持ち,自分なりの願いを持って,主体的かつ意欲的な活動を行う子ども

② 気付きの質を高め,探究的な活動の中で,学びを連続発展させていく子ども

③ 様々な場面で関わる他者と自分自身を尊重することができる子ども

自他尊重の生き方を考える子ども

1年 2年 3年 4年 5年 6年

生活科 総合的学習

決める

活動する

深める

表す

課題の設定

情報の収集

整理・分析

まとめ・表現

図 6-1 本校の生活科・総合的学習における探究的な学習過程のイメージ

— 85 —

Page 3: V M ßQ r s $sÆ p > ÇVhirasho/h27research/seikatu sougou.pdf · Å 2 é !¢ È Ç (( à 6 ä ý:* $å " å t G â Ó ü Ç È :* û S ¾ 1 ¿ K 2016.1.12 2 Ü9Ø û qíãé X Hÿ!¢È

2016.1.12

3

(2)気付きの連鎖を誘発する場面

気付きを誘発する課題設定や場面の設定,個に応じた教師からの適切なアドバイスを繰り返すこ

とで,気付きの連鎖を誘発することになる。つまり1つの気付きから,関連付けられた次の気付き

へと質的に高まっていく。その気付きが,各学年での学びにつながったり(縦のつながり),各教科・

領域での学びにつながったり(横のつながり)へと広がっていくことになるのである。そうして,

新たなめあての決定・課題の設定へと結びついていくのである。(図 6-2)

①決める・課題の設定の場面

新しい学習単元に入った時,最初の気付きからわかることは,子どもたちの経験値は様々であ

るということである。「○○について知ってる?」と聞くと,「知ってる。」と答える子どもたちは,

次から次へとその事柄について教えてくれるだろう。しかし,「知らない」と答えた子どもには,

全く何のことだか分からない。そこで知っている子どもの気付きから,イメージマップにしたり,

カテゴリーに分けたりしながら新しい学習単元の全体像の「見える化」をしていく。「△△ってお

もしろそうだな。」「□□について調べてみたいな。」と学習意欲を持たせ課題設定を行う。また,

学習課題を追求する中で,自分に身に付けさせたい力や態度も合わせて考えさせる。

「見える化」とは,子どもたちの考えた事や感じた事などを整理して視覚化し,そこから新た

な気付きを見つける活動である。子どもが気付いた事や,おぼろげに感じたことに対して,あま

り重要性を感じていなかったり,関連性を感じていなかったりすることも多い。また,他学年と

の学びや他教科との学びと関連して気付ける子どもも少ないと感じる。しかし,これらの気付き

こそが,生活・総合的学習で大切にしたい事柄であり,その気付きや感じたことが,実は次の活

動への大切なステップになるのである。本校の生活・総合的学習では,グループで整理したり,

クラス全体で整理したりしながら,気付きを「見える化」し,次へのステージへと子どもたちを

導いていく。

②活動する・情報の収集の場面

体験活動では,「△△なことをやってみたいな。」と次から次へと活動意欲が出てくるだろう。

教師は,「これでやってみるとどうなるかな?」と他の事柄でチャレンジを促すことも必要になる

だろう。また,総合的学習になると,インターネットで調べて終わってしまう場合もあるため,

「アンケートをしてみるとどうなるだろう。」など,実際にデータを取ったり,調査したりする活

全体での整理

グループでの整理 見える化

平野での学び合い活動

教師の役割

個の気付き

新たな 気付き

新たな 気付き

新たな 気付き

見える化のサポート

広がり

図 6-2 気付きを誘発する 深める・整理・分析場面

— 86 —

Page 4: V M ßQ r s $sÆ p > ÇVhirasho/h27research/seikatu sougou.pdf · Å 2 é !¢ È Ç (( à 6 ä ý:* $å " å t G â Ó ü Ç È :* û S ¾ 1 ¿ K 2016.1.12 2 Ü9Ø û qíãé X Hÿ!¢È

2016.1.12

3

(2)気付きの連鎖を誘発する場面

気付きを誘発する課題設定や場面の設定,個に応じた教師からの適切なアドバイスを繰り返すこ

とで,気付きの連鎖を誘発することになる。つまり1つの気付きから,関連付けられた次の気付き

へと質的に高まっていく。その気付きが,各学年での学びにつながったり(縦のつながり),各教科・

領域での学びにつながったり(横のつながり)へと広がっていくことになるのである。そうして,

新たなめあての決定・課題の設定へと結びついていくのである。(図 6-2)

①決める・課題の設定の場面

新しい学習単元に入った時,最初の気付きからわかることは,子どもたちの経験値は様々であ

るということである。「○○について知ってる?」と聞くと,「知ってる。」と答える子どもたちは,

次から次へとその事柄について教えてくれるだろう。しかし,「知らない」と答えた子どもには,

全く何のことだか分からない。そこで知っている子どもの気付きから,イメージマップにしたり,

カテゴリーに分けたりしながら新しい学習単元の全体像の「見える化」をしていく。「△△ってお

もしろそうだな。」「□□について調べてみたいな。」と学習意欲を持たせ課題設定を行う。また,

学習課題を追求する中で,自分に身に付けさせたい力や態度も合わせて考えさせる。

「見える化」とは,子どもたちの考えた事や感じた事などを整理して視覚化し,そこから新た

な気付きを見つける活動である。子どもが気付いた事や,おぼろげに感じたことに対して,あま

り重要性を感じていなかったり,関連性を感じていなかったりすることも多い。また,他学年と

の学びや他教科との学びと関連して気付ける子どもも少ないと感じる。しかし,これらの気付き

こそが,生活・総合的学習で大切にしたい事柄であり,その気付きや感じたことが,実は次の活

動への大切なステップになるのである。本校の生活・総合的学習では,グループで整理したり,

クラス全体で整理したりしながら,気付きを「見える化」し,次へのステージへと子どもたちを

導いていく。

②活動する・情報の収集の場面

体験活動では,「△△なことをやってみたいな。」と次から次へと活動意欲が出てくるだろう。

教師は,「これでやってみるとどうなるかな?」と他の事柄でチャレンジを促すことも必要になる

だろう。また,総合的学習になると,インターネットで調べて終わってしまう場合もあるため,

「アンケートをしてみるとどうなるだろう。」など,実際にデータを取ったり,調査したりする活

全体での整理

グループでの整理 見える化

平野での学び合い活動

教師の役割

個の気付き

新たな 気付き

新たな 気付き

新たな 気付き

見える化のサポート

広がり

図 6-2 気付きを誘発する 深める・整理・分析場面

2016.1.12

4

動を促すことも必要になるだろう。そうすることで,子どもたちは調査した結果を自分たちの本

物の資料として価値を持ち始めることになるだろう。

③深める・整理・分析の場面

教師は「なるほど。」「これとこれは,関係ある?」「どこかで似たような学習をしたことない?」

など具体的な言葉かけを繰り返しながら,「図にしてみるとどうなる?」「表にしたら違いが出る

かもしれないね。」「調べてみたら?」など,子どもの気付きに価値を持たせるようにするのであ

る。 つまり教師は,子どもに一見何の重要性もない事や関連性のない事から,新たに関連付けを行

ったり,他教科との学習事項をつなげたりしながら,今の気付きが重要な価値を持つものである

ということを具体的に整理することが求められる。 ④表す・まとめ・表現の場面

単元のまとめとして,グループで発表しあったり,クラスでまとめたりする場面では,教師が

子どもの発言から,カテゴリーに分けて「見える化」したり,発表内容を書いたカードや短冊を

用いて整理していくことで,間違いなく新しい気付きを誘発することができる。多くの場合は,

自分の活動と違う活動なので,「なるほど。」「○○と△△は,関係があるんだ。」など気付かなか

ったことから,新たな気付きを見つけるだろう。一方で,自分の活動と全く違う内容でも,結果

が同じになるような場合もある。子どもたちは「どうしてだろう。」と気付き始める。そうして,

新たな課題を見つけ,次のステージへと繋がっていくのである。 (3)自他尊重の生き方を考える

一昨年度までのテーマであった「共生する生き方」をふまえ,「自ら積極的に他者に関わっていく

中で,他者の立場に立つことの大切さを感じながら他者を尊重し,それらを通して自尊感情を育むこ

とができる生き方」を「自他尊重の生き方」とし,「自他尊重の生き方を考える子どもの育成」を本

校生活・総合的学習の目標とする。

本校生活科・総合的学習の活動においては,地域の方々,専門家の方々,保護者の方々,他学年や他

校の児童生徒など様々な人たちとのかかわりの中で学習を進めていく。それらの方々とのかかわり

の中で, 自らの成長にアプローチできる学びを得るためには,他者の立場に立って,一人ひとりのパ

ーソナリティーや生き方を本当の意味で理解する必要がある。他者をより尊重しながら,限られた活

動の中での出会いの場を有意義なものにする。 図 6-3 のように,教師は子どもの様々な気付きを大切にしなければならない。中には,ある子ど

もの発言に対して,他の子どもが否定的に捉えてしまう場合もある。また様々な方々と関わる場合

でも,時には,否定的に捉えてしまう場合もあるだろう。このような時に,他の子どもにその子の

立場になって考えさせたり,教師がその子どもの思いを代弁したりして,お互いを尊重させる必要

が出てくる。その一場面だけでなく,その方々の思いや願いに寄り添い,またその背景を考えたり,

伝えたりする中で,お互いを理解し,尊重できる子どもに育っていくのである。そうして,今まで

知らなかった自分に出会い,自己の成長を喜ぶ子どもになっていくだろう。様々な方々との関わり

の中で,また探究的な活動において自己成長を感じる中で, 自分自身を十分に見つめ, 自尊感情を

高めさせる。

— 87 —

Page 5: V M ßQ r s $sÆ p > ÇVhirasho/h27research/seikatu sougou.pdf · Å 2 é !¢ È Ç (( à 6 ä ý:* $å " å t G â Ó ü Ç È :* û S ¾ 1 ¿ K 2016.1.12 2 Ü9Ø û qíãé X Hÿ!¢È

2016.1.12

5

3.生活科・総合的学習における「つけたい力」及び「3つの目標」

生活科・総合的学習では,それぞれの学年において子どもの思いやねがいに応じて,単元や学ぶ

べき内容を変えてきている。これは,子どもたちにとって「学びの必然性」を伴うカリキュラムだ

からである。本校の生活科・総合的学習では,子どもたちが学ぶ対象と関わる中で,様々な経験と

多様な考えとの接点に気付きながら,自らが学ぶ目標を自由に設定している。生活科・総合的学習

が子どもたちにとって「学びの必然性」を明確に伴うために,以下に示す「つけたい力」がその指

標となるのである。

生活科・総合的学習でめざす子ども像

をより具体的に示したものが,「3つの目

標」および「つけたい力」である。 (1)3つの目標とは

本校の生活科・総合的学習でめざす子

ども像に迫るには,友だちと学び,保護

者や地域の人々から学び,そして社会を

学んでいくことが必要である。そして,

様々な人から学んだことを自分に生かし

ていかなければならない。その過程で,

人と関わりながら学んでいくという態度

が必要になってくるだろう。また,自ら

決定した課題を解決していくために,先

を見通した計画を立てたり,自己のつけたい力のふり返りをしたりする能力が必要になってくるだ

ろう。さらに,2年生の野菜を育てる学びを3年生での自然いっぱいステキな小学校の学習活動へ,

そして5年生でのみんなの平野ダッシュ村の学習活動へと続くカリキュラムの中で,各学年の学習

自他尊重の生き方を考える子ども

態度目標

能力目標

理解目標

つけたい力

(重点項目) 3つの

目標

『自然』について

『人・社会』について

『自分自身』について

人と関わり学ぶ態度

先を見通した思考力

自己評価能力

環境への実践力

図 6-4 つけたい力と3つの目標

図 6-3 自他尊重の生き方を考えさせる場面

児童

教師の役割

自他尊重の生き方

地域の方々 専門家の方々 保護者の方々

他学年の児童 附属幼稚園・附属特別支援学校の幼児・児童・生徒

尊重 する態度

児童

児童

思い・願い・背景

広がり

深まり

— 88 —

Page 6: V M ßQ r s $sÆ p > ÇVhirasho/h27research/seikatu sougou.pdf · Å 2 é !¢ È Ç (( à 6 ä ý:* $å " å t G â Ó ü Ç È :* û S ¾ 1 ¿ K 2016.1.12 2 Ü9Ø û qíãé X Hÿ!¢È

2016.1.12

5

3.生活科・総合的学習における「つけたい力」及び「3つの目標」

生活科・総合的学習では,それぞれの学年において子どもの思いやねがいに応じて,単元や学ぶ

べき内容を変えてきている。これは,子どもたちにとって「学びの必然性」を伴うカリキュラムだ

からである。本校の生活科・総合的学習では,子どもたちが学ぶ対象と関わる中で,様々な経験と

多様な考えとの接点に気付きながら,自らが学ぶ目標を自由に設定している。生活科・総合的学習

が子どもたちにとって「学びの必然性」を明確に伴うために,以下に示す「つけたい力」がその指

標となるのである。

生活科・総合的学習でめざす子ども像

をより具体的に示したものが,「3つの目

標」および「つけたい力」である。 (1)3つの目標とは

本校の生活科・総合的学習でめざす子

ども像に迫るには,友だちと学び,保護

者や地域の人々から学び,そして社会を

学んでいくことが必要である。そして,

様々な人から学んだことを自分に生かし

ていかなければならない。その過程で,

人と関わりながら学んでいくという態度

が必要になってくるだろう。また,自ら

決定した課題を解決していくために,先

を見通した計画を立てたり,自己のつけたい力のふり返りをしたりする能力が必要になってくるだ

ろう。さらに,2年生の野菜を育てる学びを3年生での自然いっぱいステキな小学校の学習活動へ,

そして5年生でのみんなの平野ダッシュ村の学習活動へと続くカリキュラムの中で,各学年の学習

自他尊重の生き方を考える子ども

態度目標

能力目標

理解目標

つけたい力

(重点項目) 3つの

目標

『自然』について

『人・社会』について

『自分自身』について

人と関わり学ぶ態度

先を見通した思考力

自己評価能力

環境への実践力

図 6-4 つけたい力と3つの目標

図 6-3 自他尊重の生き方を考えさせる場面

児童

教師の役割

自他尊重の生き方

地域の方々 専門家の方々 保護者の方々

他学年の児童 附属幼稚園・附属特別支援学校の幼児・児童・生徒

尊重 する態度

児童

児童

思い・願い・背景

広がり

深まり

2016.1.12

6

活動で身に付けなければならない理解内容があるだろう。そこで,「態度目標」「能力目標」「理

解目標」の3つの目標を策定した。 (図 6-4)

(2)つけたい力とは(重点項目) 本校の生活科・総合的学習において探究的な活動を進める中で,児童の「成長意欲」「つけたい力」

「つけたい態度」を基盤として,「自他尊重の生き方を考える子ども」を育成することを最大の目標

とする。この目標を達成するため,子どもにつけたい力を考えさせることにしている。子どもたち

にとって学習課題の解決は,大切なことである。しかし,その学習課題は必ずしも解決できる内容

ばかりではない。中には,学習課題が未解決のままになってしまう場合もあるだろう。生活科・総

合的学習では,学習課題を解決するだけでなく,つけたい力を基にして学習課題にアプローチし,

自己の成長のふり返りをおこなうことが大切な学習となるのである。そしてこの活動が,次の学び

の必然性を根底で下支えするものとなると考える。 ①態度目標および能力目標(重点項目)

子どもが,「学びの必然性」を明確に伴い自他尊重の生き方を考えるために「人と関わり学ぶ

態度」,「先を見通した思考力」,「自己評価能力」,「環境への実践力」を重点項目とし,こ

れらを中心に研究を進めていく。これらは,総合的な学習の時間の小学校学習指導要領(平成20

年)で掲載された,育てようとする資質や能力及び態度において,「学習方法に関すること」,「自

分自身に関すること」,「他者や社会とのかかわりに関すること」の項目に合致しているものと

考える。(表 6-1)

学習指導要領に記載されている「育てよ

うとする資質や能力及び態度」

本校の生活・総合 的 学 習 に おける重点項目

内 容

学習方法に関する

こと

先を見通した

思考力

・テーマについて,課題を設定することができる。 ・時間や場所,関わる人を考えながら,先を見通した計画表を友だちと創り,自

分自身の動きも意識できる。

・他のグループの友だちと学びあいながらお互いの計画や全体の計画をよりよいものにすることができる。

・インターネットなど,いろいろな集める方法を考え,よりよい集め方を決めて,

情報を集めて選ぶ。 ・相手に伝わりやすい情報にまとめることができる。 ・調べたことを様々な人に分かりやすく伝えることができる。

・今までの計画を総合的に見直し,これからどのようにするとうまくいくか計画を見直すことができる。

自分自身に関する

こと 自己評価能力

・自分を成長させるための基準を設定することができる。 ・つけたい力をふりかえり,よりよく力がつくように考える。 ・つけたい力がどれだけのびたのかをふりかえることができる。

・友だちのつけたい力がどのようにのびているのかを伝えることができる。 ・自分の成長を見つめ,それを積極的に肯定することができる。

他者や社会とのか

かわりに関するこ

人と関わり

学ぶ態度

・友だちと学び合うことができる。 ・様々な方々から学び,自ら生かすことができる。 ・社会から学び,自ら生かすことができる。

環境への

実践力

・自分自身が所属している集団に注目し,その環境をよりよいものにするために働きかけることができる。

・社会をよりよくするためにアプローチすることができる。

・自然環境をよりよくするためにアプローチすることができる。

②理解目標

生活科・総合的学習における目標は,様々な活動を通して自分自身を成長させ,自他尊重の態

度を育てることに焦点を置いている。しかし,各学年における活動の展開で,具体的な活動の中

で身に付けることができる学びがある。そこで,本校では,それらの学びを「理解目標」として

定め,活動展開していくことにする。各活動において「『自然』について」,「『自分自身』につい

表 6-1 学習指導要領と本校の生活科・総合的学習で育てたい資質や能力の比較

— 89 —

Page 7: V M ßQ r s $sÆ p > ÇVhirasho/h27research/seikatu sougou.pdf · Å 2 é !¢ È Ç (( à 6 ä ý:* $å " å t G â Ó ü Ç È :* û S ¾ 1 ¿ K 2016.1.12 2 Ü9Ø û qíãé X Hÿ!¢È

2016.1.12

7

て」,「『人・社会』について」の 3 つに分類して,理解目標を設定した。各学年の活動が主にどの

項目に重きをおいているのかについて,(表 6-2)に示した。

表 6-2 各学年の活動における理解目標の重点

『自然』について 『自分自身』について 『人・社会』について

生活科

1年

2年

総合的学習

3年

4年

5年

6年

ようこそ1年生 ・2年生としての自分の役割に気付き,1年生に適切に対応しながら、自分

自身の成長に気付く。

大きくなった ぼく わたし ・今までの自分や,一年間の自分の成長についてふりかえり,自身の成長に気付く。

やさいをそだてよう ・継続して野菜を育てる中で成長の順序性や他の植物の生長との違いなど,

変化や成長の様子に気付く。

ゴムゴムおもちゃを作って遊ぼう ・身近なものを使ったおもちゃに興味を持ち,楽しく遊ぶことに気付く。

がっこう だいすき ・学校でともにすごす先生や友だちについて関心を持ち,相手の立場を考え

る中で,自身の成長に気付く。

しぜんいっぱい ふぞくひらの しょうがっこう ・附属平野小学校の自然について興味を持ち,栽培・飼育活動を通して,自

分との関わりに気付く。

もうすぐ 2 年生

・一年間を振り返り,「思い出のアルバム」をつくる中で、自分自身の成長に気付く。

はじめまして ふぞくひらのしょうがっこう ・これから生活していく附属平野小学校の施設や教職員,行事について興味

を持ち,小学校の一員として生活することを理解する。

おちばや きのみで あそぼう

・秋の自然を利用した様々な遊びに関心を持ち,楽しく遊ぶことに気付く。

なりたい自分を表現しよう「ドリカムキッズ平野」 ・将来どのような自分になりたいかについてイメージし,「なりたい自分」

に関連した「つけたい力及び態度」を伸ばす方法について理解する。

未来のエネルギーを考えようプロジェクト ・日本の電気エネルギー事情を調べたり,今と昔の電気利用事情を調べたり,実際に自然エネルギーから発電をす

る中から,再生可能エネルギーの重要性を理解する。

平野の人とステキに出会いましょう ・平野区で生活する様々な人たちとの関わりを通して,相手の立場になって

考える中で,自他尊重の生き方を理解する。

自然いっぱいステキな小学校

・よりよい環境にするために,友だちと協力しながら活動を進める中で,身近な自然環境を守ることを理解する。

ステキな町平野フェア ・身近な自然社会環境に対してよりよい環境にするために,友だちと協力し

ながら活動を進める中で,自他尊重の生き方を理解する。

みんなの平野ダッシュ村 ~1粒の種から地球を考えよう~

・専門家の方々からアドバイスをもらい,野菜などの生産活動の大変さや自然とのバランスを守ることの大切さを理解する。

・「協力することの大切さ」を実際に感じるために様々な方法を考え,実際に体験することで,自他尊重の生き方を理解する。

おみせやさんを つくって あそぼう ・幼稚園との交流活動を通して,幼稚園児にどのように接していけばよいか

考える中で,学び合う良さに気付く。

かぜと○○で あそぼう ・自然を利用したおもちゃに興味を持ち,楽しく遊ぶ中で探究的な活動行い,友だちとのかかわりの良さに気付く。

かぜと○○で あそぼう ・自然を利用したおもちゃに興味を持ち,楽しく遊ぶ中で探究的な活動行い,友だちとのかかわりの良さに気付く。

— 90 —

Page 8: V M ßQ r s $sÆ p > ÇVhirasho/h27research/seikatu sougou.pdf · Å 2 é !¢ È Ç (( à 6 ä ý:* $å " å t G â Ó ü Ç È :* û S ¾ 1 ¿ K 2016.1.12 2 Ü9Ø û qíãé X Hÿ!¢È

2016.1.12

7

て」,「『人・社会』について」の 3 つに分類して,理解目標を設定した。各学年の活動が主にどの

項目に重きをおいているのかについて,(表 6-2)に示した。

表 6-2 各学年の活動における理解目標の重点

『自然』について 『自分自身』について 『人・社会』について

生活科

1年

2年

総合的学習

3年

4年

5年

6年

ようこそ1年生 ・2年生としての自分の役割に気付き,1年生に適切に対応しながら、自分

自身の成長に気付く。

大きくなった ぼく わたし ・今までの自分や,一年間の自分の成長についてふりかえり,自身の成長に気付く。

やさいをそだてよう ・継続して野菜を育てる中で成長の順序性や他の植物の生長との違いなど,

変化や成長の様子に気付く。

ゴムゴムおもちゃを作って遊ぼう ・身近なものを使ったおもちゃに興味を持ち,楽しく遊ぶことに気付く。

がっこう だいすき ・学校でともにすごす先生や友だちについて関心を持ち,相手の立場を考え

る中で,自身の成長に気付く。

しぜんいっぱい ふぞくひらの しょうがっこう ・附属平野小学校の自然について興味を持ち,栽培・飼育活動を通して,自

分との関わりに気付く。

もうすぐ 2 年生

・一年間を振り返り,「思い出のアルバム」をつくる中で、自分自身の成長に気付く。

はじめまして ふぞくひらのしょうがっこう ・これから生活していく附属平野小学校の施設や教職員,行事について興味

を持ち,小学校の一員として生活することを理解する。

おちばや きのみで あそぼう

・秋の自然を利用した様々な遊びに関心を持ち,楽しく遊ぶことに気付く。

なりたい自分を表現しよう「ドリカムキッズ平野」 ・将来どのような自分になりたいかについてイメージし,「なりたい自分」

に関連した「つけたい力及び態度」を伸ばす方法について理解する。

未来のエネルギーを考えようプロジェクト ・日本の電気エネルギー事情を調べたり,今と昔の電気利用事情を調べたり,実際に自然エネルギーから発電をす

る中から,再生可能エネルギーの重要性を理解する。

平野の人とステキに出会いましょう ・平野区で生活する様々な人たちとの関わりを通して,相手の立場になって

考える中で,自他尊重の生き方を理解する。

自然いっぱいステキな小学校

・よりよい環境にするために,友だちと協力しながら活動を進める中で,身近な自然環境を守ることを理解する。

ステキな町平野フェア ・身近な自然社会環境に対してよりよい環境にするために,友だちと協力し

ながら活動を進める中で,自他尊重の生き方を理解する。

みんなの平野ダッシュ村 ~1粒の種から地球を考えよう~

・専門家の方々からアドバイスをもらい,野菜などの生産活動の大変さや自然とのバランスを守ることの大切さを理解する。

・「協力することの大切さ」を実際に感じるために様々な方法を考え,実際に体験することで,自他尊重の生き方を理解する。

おみせやさんを つくって あそぼう ・幼稚園との交流活動を通して,幼稚園児にどのように接していけばよいか

考える中で,学び合う良さに気付く。

かぜと○○で あそぼう ・自然を利用したおもちゃに興味を持ち,楽しく遊ぶ中で探究的な活動行い,友だちとのかかわりの良さに気付く。

かぜと○○で あそぼう ・自然を利用したおもちゃに興味を持ち,楽しく遊ぶ中で探究的な活動行い,友だちとのかかわりの良さに気付く。

2016.1.12

8

4.学びを創り続けるカリキュラムづくり

生活科・総合的学習でカリキュラムづくりをするポイントとして,子どもたちから多様な「気付

き」が生まれるような単元を考えることが大切である。さらに,子どもたちの実生活につながって

いるものでなければならない。

(1)「学びの必然性」を生み出す「しかけ」

生活科・総合的学習で「学びの必然性」を根底で下支えしているのは,「つけたい力」(表 6-1)

であるということは,3(2)①で述べた。しかし,この「つけたい力」だけでは,生活科・総合

的学習の学習活動は成り立たない。そこで,学習を進めていく上で必要になるのが提示するテーマ

になってくるのである。どのようなテーマで学習を進めていくのかが,教師の「しかけ」になって

くるのである。

①子どもの「気付き」の連鎖に即したテーマ

6年生で学習する「未来のエネルギーを考えようプロジェクト」では,教師が「次にこれの学

習です。」と投げかけなくても,気付きの「広がり」から,「深まり」へと自然に学習が流れてい

くのである。つまりこのような「広がり」や「深まり」があるようなテーマを開発し,単元とし

て位置づけることで,学びの必然性が生まれ子どもが学びを創り続ける姿になるのである。

(ⅰ)気付きの「広がり」

グループでの話し合いや学級全体での交流を通して,素朴な気付きから学びの広がりが出てく

る。6年生で学習する「未来のエネルギーを考えようプロジェクト」では,最も身近である電気

エネルギーについて考える。「今,電気が使えなくなったらどうなるだろう。」「電気はどこからく

るのだろう。」「今と昔の電気の使われ方に違いはあるの?」など考えるようになるだろう。そし

て「確かにそうだな。どうなるのだろう。」から,自分たちの中から学習課題をみつけて調べてみ

ようという活動につながっていくのである。そうして調べたことから「電気が使えなくなると,

ほぼ全てで生活ができなくなるぞ。」「今と昔で大きく電気量の変化があるぞ。このままで大丈夫

なのか?」など,今後の自分たちの生活にふり返れるようになるのである。

(ⅱ)気付きの「深まり」

6年生で学習する「未来のエネルギーを考えようプロジェクト」での学びの深まりを見せるの

は,今の自分たちの生活にふり返ったあと,未来の自分たちの生活を考えたときの気付きからで

ある。「もっと節電をしないといけないね。」「自分たちで発電できる方法は,ないだろうか?」な

ど電気の使い方を考えたり,発電をしようと考えたりしながら,未来の自分たちの生活を考える

ことができるようになることである。

表 6-3 広がりから深まりへの具体的な変化

広がり

(今の生活)

深まり

(未来の生活)

「今,電気が使えなくなったらどうなるだろう。」

「電気はどこからくるのだろう。」

「今と昔の電気の使われ方に違いはあるの?」

「電気が使えなくなると,ほぼ全てで生活ができなくなるぞ。」

「今と昔で大きく電気量の変化があるぞ。このままで大丈夫なのか?」

「もっと節電をしないといけないね。」

「自分たちで発電できる方法は,ないだろうか?」

— 91 —

Page 9: V M ßQ r s $sÆ p > ÇVhirasho/h27research/seikatu sougou.pdf · Å 2 é !¢ È Ç (( à 6 ä ý:* $å " å t G â Ó ü Ç È :* û S ¾ 1 ¿ K 2016.1.12 2 Ü9Ø û qíãé X Hÿ!¢È

2016.1.12

9

②実生活につながるテーマ

2年生で学習する「学校 だいすき」では,毎日,何気なく学校生活を過ごしている子どもた

ちに,実は毎日が支えてもらっている存在であることを理解する学習である。と同時に,自分た

ちも友だちを支え合っていて存在であることを理解するものである。自分たちの気付かないとこ

ろで活躍してくれている用務員さんや警備員さんは,小学校に通う全ての子どもたちの安心や安

全を願って働いてくれている事や自分がケガをしたり,体調が悪くなったりした時に,声をかけ

てくれる友だちの優しさに支えてもらっていることを学習していくのである。このテーマでは,

実生活に直結した学習内容であると同時に,自他尊重の生き方を考えさせる良い教材になるので

ある。

(2)学びを創り続ける姿の見取りとカリキュラムづくり

生活科・総合的学習では,本論3(2)①で述べた観点で子ど

もの学びを見取ることにする。子どもたちが毎回の学習で,何を

中心に自らが学んできたのか,これから先,何を学ぼうとしてい

るのかをワークシートにして記録していくことにする。また,身

に付けたい力が,身に付いて来たのかを自己評価と相互評価をお

こなうふり返りを行う。教師は,ワークシートの「今日のふりか

えり」を確認しながら,子どもたちの思いやねがいを汲み取りつ

つ,授業をすすめていくことになる。

1年生においては,表 6-1 を提示して,授業を行うことは難し

い。そこで,重点項目の4観点から,それぞれ1項目ずつを取り

上げて,1年生でめざす「つけたい力」として考えた。(表 6-4)

表 6-4 1年生における「つけたい力」及び「つけたい態度」

つけたい ちから めざす ところ

先を見通した力 きょうの めあてを かんがえることが できる。

ふり返りをしっかりとする力 ふりかえりを きっちり することができる。

お友だちと学ぼうとする態度 おともだちの いけんや かんがえを たいせつに すること

が できる。

自然を良くしようとする力 しぜんの ふしぎさに なにか きづくことが できる。

1年生では,ワークシートを使

って個々のふりかえりは,難しい

と考える。そこで,上記の4項目

を意識した活動のふりかえりをす

る中で「見える化」を行い,子ど

もたちの活動を整理していくこと

にする。クラス全体で整理してい

く中で,子どもたちが友だちの意

見や考えを大切にすることや,次

の活動で何をしたら良いのかを考

えることができる。そして教師は,

このふりかえりを活用することで,

今日すること

今日のふりかえり

次の総合につなげるために書く

つけたい力

つけたい力の

相互評価

図 6-5 総合のワークシート

図 6-6 ふりかえりの「見える化」

つぎのめあてにつなが

る点を記録する。

お友だちの良かったこ

とを記録する。

お友だちの意見を記録

する。

みんなでめ

あてを決め

る。

— 92 —

Page 10: V M ßQ r s $sÆ p > ÇVhirasho/h27research/seikatu sougou.pdf · Å 2 é !¢ È Ç (( à 6 ä ý:* $å " å t G â Ó ü Ç È :* û S ¾ 1 ¿ K 2016.1.12 2 Ü9Ø û qíãé X Hÿ!¢È

2016.1.12

9

②実生活につながるテーマ

2年生で学習する「学校 だいすき」では,毎日,何気なく学校生活を過ごしている子どもた

ちに,実は毎日が支えてもらっている存在であることを理解する学習である。と同時に,自分た

ちも友だちを支え合っていて存在であることを理解するものである。自分たちの気付かないとこ

ろで活躍してくれている用務員さんや警備員さんは,小学校に通う全ての子どもたちの安心や安

全を願って働いてくれている事や自分がケガをしたり,体調が悪くなったりした時に,声をかけ

てくれる友だちの優しさに支えてもらっていることを学習していくのである。このテーマでは,

実生活に直結した学習内容であると同時に,自他尊重の生き方を考えさせる良い教材になるので

ある。

(2)学びを創り続ける姿の見取りとカリキュラムづくり

生活科・総合的学習では,本論3(2)①で述べた観点で子ど

もの学びを見取ることにする。子どもたちが毎回の学習で,何を

中心に自らが学んできたのか,これから先,何を学ぼうとしてい

るのかをワークシートにして記録していくことにする。また,身

に付けたい力が,身に付いて来たのかを自己評価と相互評価をお

こなうふり返りを行う。教師は,ワークシートの「今日のふりか

えり」を確認しながら,子どもたちの思いやねがいを汲み取りつ

つ,授業をすすめていくことになる。

1年生においては,表 6-1 を提示して,授業を行うことは難し

い。そこで,重点項目の4観点から,それぞれ1項目ずつを取り

上げて,1年生でめざす「つけたい力」として考えた。(表 6-4)

表 6-4 1年生における「つけたい力」及び「つけたい態度」

つけたい ちから めざす ところ

先を見通した力 きょうの めあてを かんがえることが できる。

ふり返りをしっかりとする力 ふりかえりを きっちり することができる。

お友だちと学ぼうとする態度 おともだちの いけんや かんがえを たいせつに すること

が できる。

自然を良くしようとする力 しぜんの ふしぎさに なにか きづくことが できる。

1年生では,ワークシートを使

って個々のふりかえりは,難しい

と考える。そこで,上記の4項目

を意識した活動のふりかえりをす

る中で「見える化」を行い,子ど

もたちの活動を整理していくこと

にする。クラス全体で整理してい

く中で,子どもたちが友だちの意

見や考えを大切にすることや,次

の活動で何をしたら良いのかを考

えることができる。そして教師は,

このふりかえりを活用することで,

今日すること

今日のふりかえり

次の総合につなげるために書く

つけたい力

つけたい力の

相互評価

図 6-5 総合のワークシート

図 6-6 ふりかえりの「見える化」

つぎのめあてにつなが

る点を記録する。

お友だちの良かったこ

とを記録する。

お友だちの意見を記録

する。

みんなでめ

あてを決め

る。

2016.1.12

10

子どもたちの学びに即してカリキュラムを編成していくことになるのである。

(3)カリキュラムの見直しと新たなカリキュラムづくり

生活科・総合的学習では,子どもの興味・関心を基盤として学習が展開されるため,カリキュラ

ムが少しずつ変更される。昨年度は,1年・2年・5年で自他尊重の生き方を考える子どもの育成

を目指して,「ハートフルプロジェクト」を教材に組み込んできた。それによって,少しずつ他者の

立場になって考え,気持ちを整理できる子どもたちが増えてきた。一方で,6年では,環境教育を

取り入れた「未来のエネルギーを考えようプロジェクト」を組み込むことで,将来のエネルギーを

考えることができた。また,レゴブロックを活用しての風力発電のモデル装置をつくり,自ら電気

エネルギーをつくることの大変さや大切さを実感して学んできた。

今年度は,5年の「ハートフルプロジェクト」を「みんなの平野ダッシュ村」の中に入れて,協

力することの大切さを実際に感じるような活動を行ってきている。このように,生活科・総合的学

習のカリキュラムは,各学校で任されているものであるからこそ,子どもの実態に応じて,改変し

ていくものであると考えている。以下に示す図(図 6-7 生活科カリキュラム,図 6-8 総合的学習)は,

本校の生活科・総合的学習における今年度の計画カリキュラムと実施カリキュラムである。

【平成27年度 〔1年生〕生活科計画カリキュラム】

4月 5月 6月 7月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

学校と生活

飼育栽培

自然や遊び

季節の変化

家庭と生活

生活や出来

事の交流

(幼稚園交流)

自分の成長

【平成27年度 〔1年生〕生活科実施カリキュラム】

4月 5月 6月 7月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

学校と生活

飼育栽培

自然や遊び

季節の変化

家庭と生活

生活や出来

事の交流

(幼稚園交流)

自分の成長

他教科・領域

との関連

学校行事と

の関連

初めまして附属平野小

学校

自然いっぱい附属平野小学校

畑を作ろう 野菜や花を育てよう 収穫しよ

落ち葉や木の実

で遊ぼう 伝承遊びを

しよう ゴムのおもちゃで遊ぼう

アサガオを育てよう

家族のお手伝いをしよう❶ 家族のお手伝いをしよう❷

一緒に遊ぼう お店屋さんをつくって遊ぼ

ようこそ新1年生

もうすぐ2年生

初めまして附属平野小学校

学校探検校舎篇 学校探検敷地篇

自然いっぱい附属平野小学校

畑をつくろう篇 種や苗を植えよう篇 収穫しよう

育てよう篇

ドングリワールド

アサガオを育てよう

家族のお手伝いをしよう❶ 家族のお手伝いをしよう❷

一緒に遊ぼう お店屋さんをつくって遊

ようこそ新1年生

もうすぐ2年生

対面式 運動会 遠足

平野 FES

道徳

【かたたたき】

風で遊ぼう

伝承遊びを

しよう

音楽

【伝統音楽】

理科3年

【風やゴムの

働き】

音楽

【自然の音】

図 6-7 生活科カリキュラム

— 93 —

Page 11: V M ßQ r s $sÆ p > ÇVhirasho/h27research/seikatu sougou.pdf · Å 2 é !¢ È Ç (( à 6 ä ý:* $å " å t G â Ó ü Ç È :* û S ¾ 1 ¿ K 2016.1.12 2 Ü9Ø û qíãé X Hÿ!¢È

2016.1.12

11

【平成27年度 〔5年生〕総合的学習 計画カリキュラム】

4月 5月 6月 7月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

横断的・総合

的な課題

児童の興

味・関心に基

づく課題

地域や学校の

特色に応じた

課題

【平成27年度 〔5年生〕総合的学習 実施カリキュラム】

4月 5月 6月 7月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

横断的・総合

的な課題

児童の興

味・関心に基

づく課題

地域や学校の

特色に応じた

課題

他教科・領域

との関連

学校行事と

の関連

みんなの平野ダッシュ村 ~一粒の種から地球を考えよう~

平野ハートフルプロジェクト

みんなの平野ダッシュ村 ~一粒の種から地球を考えよう~

保護者

心のぬくもりを考えよう

保護者 保護者 保護者 保護者 保護者

遠足

琵琶湖博

物館

道徳

【シンフォニー】

理科

【植物の発芽

と成長】

国語

【活動報告会】

理科

【メダカの誕

生】

社会

【米作り】

社会

【収穫・脱穀】

音楽

【お田植神事】

保護者

国語

【大討論会】

図 6-8 総合的学習カリキュラム

— 94 —


Recommended